25.抗がん剤・分子標的薬

タキソール(パクリタキセル)の主な副作用と特徴、効果について

投稿日:

タキソール(パクリタキセル)の主な副作用と特徴

・一般名:パクリタキセル
・商品名:タキソール、パクリタキセル
・投与経路:点滴静注
・血管外漏出による皮膚障害のリスク:高
・催吐リスク:軽

<特徴>

作用機序:細胞分裂に重要な役割を果たす微小管の脱重合を阻害することで、細胞死へ導き、抗腫瘍効果を発揮する。
代謝経路:肝代謝、胆汁排泄

<代表的なレジメン>

卵巣がん:TC療法
胃がん:weekly PTX療法
非小細胞肺がん:CBDCA+PTX療法 など

・使用時の注意点

投与方法:点滴静注。他の薬剤との混注は避ける。
投与量の調整が必要になる場合:骨髄抑制
併用禁忌:エタノール含有製剤
併用注意:ビタミンA、抗菌薬(アゾール系、マクロライド系、セフェム系)、ステロイドホルモン、Caチャネルブロッカー、シクロスポリン、ベラパミル、キニジン、ミダゾラム、フェナセチン、ラパチニブなど
慎重投与:骨髄抑制、肝・腎機能障害、高齢者、間質性肺炎・肺線維症、アルコール過敏

・重大な副作用

過敏症
骨髄抑制
間質性肺炎

・その他注意が必要な副作用

血管外漏出

・投与に関するポイント

過敏症や血管外漏出のリスクを理解し、投与時は安静に努めること。過敏症が起きたときに緊急対応するため初回は特に配慮する。骨髄抑制から白血球の低下が起こり、感染症のリスクが高まることについて理解し感染予防に努めること。

・・・

以上、タキソール(パクリタキセル)の情報でした。

がんと闘うには、行われる治療の情報(目的や効果)を具体的に理解しておくことが大切です。

何をすべきか、正しい判断をするためには正しい知識が必要です。患者として、家族として必要な知識はこちらのガイドブックにまとめました。

がん治療で「絶対に」やってはいけないことは?

興味がある方は読んでみてくださいね。

ガイドブック差し上げます

患者さんの闘病ブログがたくさん。
にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


がん・腫瘍 ブログランキングへ

  • この記事を書いた人
yuji-motomura

本村ユウジ

「がんの研究と、患者さんのサポート」を2008年から続けています。現在まで、3,000名を超えるがん患者さんやご家族をサポートしてきました。詳しいプロフィールはこちら。

-25.抗がん剤・分子標的薬
-

Copyright© 本村ユウジ公式サイト・ブログ , 2017 All Rights Reserved.