25.抗がん剤・分子標的薬

オンコビン(ビンクリスチン)の主な副作用や特徴と効果

投稿日:

オンコビン(ビンクリスチン)の主な副作用や特徴

・一般名:ビンクリスチン硫酸塩
・商品名:オンコビン
・投与経路:静注、点滴静注
・血管外漏出による皮膚障害のリスク:高
・催吐リスク:最小

<特徴>

作用機序:細胞の有糸分裂の中期に紡錘体へ作用し、紡錘体を形成している微小管のチュブリンに結合することにより、細胞周期を分裂中期で停止させ、抗腫瘍効果を示す。
代謝経路:肝代謝、大部分は糞便中に排泄。

<代表的なレジメン

非ホジキンリンパ腫:CHOP療法
多発性骨髄腫:VAD療法
神経膠腫:PCV療法
・使用時の注意点

投与方法:静注。髄腔内には投与しない。他の薬剤と混合しないよう注意
投与量:通常1.4mg/m2で、1回量2mg/bodyを超えないものとする。
投与量の調節が必要になる場合:肝機能障害
用量規制因子:神経毒性
※用量依存的に末梢神経障害および筋障害が起こりうるので、1回量2mgを超えないものとする。ビンクリスチンは、ビンカアルカロイド中もっとも半減期が長いことが一因と考えられている。
慎重投与:神経・筋疾患の既往、心・肝・腎機能障害、感染症など
併用注意:アゾール系抗菌薬・マクロライド系抗生物質・フェニトインなどCYP3A4により代謝される薬剤

・重大な副作用

神経毒性(末梢神経障害筋障害など)

・その他注意が必要な副作用

便秘・イレウス
脱毛
骨髄抑制(特に白血球減少による易感染)

・投与に関するポイント

血管外漏出が生じないよう、投与中の穿刺部の安静保持と観察が重要。疼痛・発赤などの異常を感じたら、すみやかに報告する。

便秘傾向が強い場合は治療前から緩下剤を併用し、前日か当日には排便を図る。末梢神経障害の症状が出現しやすい時期・部位・感じ方に関して医師から説明を受けること。

脱毛は一時的で、個人差があるが回復する。

ビンクリスチンの用量規制因子は神経毒性であり、投与量は通常1.4mg/m2、投与できる量の上限は2mg/bodyとされている。

・・・

以上、オンコビン(ビンクリスチン)の情報でした。

がんと闘うには、行われる治療の情報(目的や効果)を具体的に理解しておくことが大切です。

何をすべきか、正しい判断をするためには正しい知識が必要です。患者として、家族として必要な知識はこちらのガイドブックにまとめました。

がん治療で「絶対に」やってはいけないことは?

興味がある方は読んでみてくださいね。

このサイトの管理者について

このサイトはがん治療専門のアドバイザー、本村ユウジが運営しています。

プロフィールはこちら

メールレター説明

本村ユウジのメールマガジン

ブログでは書けない「がん治療」に関する本音をメールで。全15回の読み切り型のメールマガジンです。すでに38,000名の方に読まれています。↓をクリックして登録すると、すぐに届きます。

必読の書!

ガイドブック「がんを完治させるための5つのルール」を無料で差し上げています


本村ユウジ責任編集。「がんと闘ううえで、絶対に外してはいけないポイント」を凝縮したガイドブックです。パソコンからでもスマホからでも読める電子ファイル(PDFファイル)なのですぐに読めます。


どんなガイドブックなのかの解説はこちらのページで。

がん治療で”絶対に”やってはいけないことは?

今すぐダウンロードして読みたい方は、こちらのボタンをクリックしてメールアドレスを登録してください。

kotira010

-25.抗がん剤・分子標的薬
-

Copyright© がん治療相談・本村ユウジ公式 , 2017 AllRights Reserved.