25.抗がん剤・分子標的薬

マイトマイシンの主な副作用や特徴と効果

投稿日:

マイトマイシンの主な副作用や特徴と効果

・一般名:マイトマイシンC
・商品名:マイトマイシン
・投与経路:静注、動注、膀胱内、髄腔内、胸腔内、腹腔内
・血管外漏出による皮膚障害のリスク:高
・催吐リスク:軽

<特徴>

作用機序:DNA上に架橋を形成することでDNAの分裂を阻止すること、フリーラジカルによりDNA鎖を切断して複製を阻害することで、抗腫瘍効果を発揮する。
代謝経路:主に肝代謝、尿中排泄

<代表的なレジメン>

肛門がん:フルオロウラシル+マイトマイシンC療法(放射線療法と併用)
非小細胞肺がん:MVP療法(放射線療法と併用)
0~Ⅰ期の膀胱がんで再発リスクの高い症例:膀胱内注入療法

・使用時の注意点

投与方法:静注、動注、膀胱内、髄腔内、胸腔内、腹腔内
投与量の調整が必要になる場合:総投与量が60mg/m2以上に達すると、溶血性尿毒症症候群(発症すると致死率が高い副作用)の頻度が高くなるので、重篤な腎機能障害がある場合は、中止する。
慎重投与:肝・腎機能障害、骨髄機能抑制、感染症の合併、水痘
併用注意:ビンデシンなどビンカアルカロイド系抗がん薬

・重大な副作用

溶血性尿毒症症候群
重篤な腎機能障害

・その他注意が必要な副作用

血管外漏出
骨髄抑制

・投与に関するポイント

注射部位の皮膚に発赤・潰瘍形成が起こりうる(時に注射部位から離れた部位にも起こる)。これらの症状が、数週~数か月後に生じることもあるので、抜針後も注射部位の観察を継続し、症状が出現したら病院に連絡する。

血球成分が最低値に達するまでの期間が長い(4~5週間)のが特徴。感染予防行動、外傷(出血など)に十分注意する。

膀胱内注入の場合は、排尿によってマイトマイシンCが排泄されるため、抗がん薬による曝露対策が必要である。男性が洋式トイレで排尿する場合は、トイレの周囲の汚染防止のため便座に座って排尿する。

マイトマイシンCは、溶解すると紫色になる。膀胱注入の場合、排尿時に紫色の尿が出るため驚くことがある。排尿が紫色になることを事前に知っておく。

・・・

以上、マイトマイシンの情報でした。

がんと闘うには、行われる治療の情報(目的や効果)を具体的に理解しておくことが大切です。

何をすべきか、正しい判断をするためには正しい知識が必要です。患者として、家族として必要な知識はこちらのガイドブックにまとめました。

がん治療で「絶対に」やってはいけないことは?

興味がある方は読んでみてくださいね。

----------------------------

患者さんの闘病ブログがたくさん。
にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


がん・腫瘍 ブログランキングへ

ガイドブック差し上げます

  • この記事を書いた人
yuji-motomura

本村ユウジ

「がんの研究と、患者さんのサポート」を2008年から続けています。現在まで、3,000名を超えるがん患者さんやご家族をサポートしてきました。詳しいプロフィールはこちら。

-25.抗がん剤・分子標的薬
-

Copyright© 本村ユウジ公式サイト・ブログ , 2017 All Rights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。