03.胃がん

胃がんで行われる主な抗がん剤治療コースと治療期間

投稿日:

カペシタビン

■術後補助療法

・S-1療法(28日間投与、14日休薬、1年間)
S-1 80mg/m2 分2

■進行・再発がん

・EOX療法(1コース21日)
エピルビシン50mg/m2 静注 day1
オキサリプラチン130mg/m2 静注 day1
カペシタビン1250mg/m2/日 内服 21日間

・シスプラチン60mg/m2 静注 day8
S-1 80mg/m2 分2 day1~21(5週ごと)

・パクリタキセル80mg/m2 静注 day1、8、15
毎週投与(28日間)

・ドセタキセル療法(21日間)
ドセタキセル60mg/m2 静注 day1

・イリノテカン療法(14日間)
イリノテカン150mg/m2 静注 day1

・HXP療法(6コース(21日間))
トラスツズマブ6mg/m2 静注 day1
カペシタビン2000mg/m2 分2 内服 14日間
シスプラチン80mg/m2 静注 day1

----------------------------

患者さんの闘病ブログがたくさん。
にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


がん・腫瘍 ブログランキングへ

ガイドブック差し上げます

  • この記事を書いた人
yuji-motomura

本村ユウジ

「がんの研究と、患者さんのサポート」を2008年から続けています。現在まで、3,000名を超えるがん患者さんやご家族をサポートしてきました。詳しいプロフィールはこちら。

-03.胃がん

Copyright© 本村ユウジ公式サイト・ブログ , 2017 All Rights Reserved.