03.胃がん

胃がんで行われる主な抗がん剤治療コースと治療期間

カペシタビン

■術後補助療法

・S-1療法(28日間投与、14日休薬、1年間)
S-1 80mg/m2 分2

■進行・再発がん

・EOX療法(1コース21日)
エピルビシン50mg/m2 静注 day1
オキサリプラチン130mg/m2 静注 day1
カペシタビン1250mg/m2/日 内服 21日間

・シスプラチン60mg/m2 静注 day8
S-1 80mg/m2 分2 day1~21(5週ごと)

・パクリタキセル80mg/m2 静注 day1、8、15
毎週投与(28日間)

・ドセタキセル療法(21日間)
ドセタキセル60mg/m2 静注 day1

・イリノテカン療法(14日間)
イリノテカン150mg/m2 静注 day1

・HXP療法(6コース(21日間))
トラスツズマブ6mg/m2 静注 day1
カペシタビン2000mg/m2 分2 内服 14日間
シスプラチン80mg/m2 静注 day1

メールレター説明

本村ユウジのメールマガジン

ブログでは書けない「がん治療」に関する本音をメールで。全15回の読み切り型のメールマガジンです。↓をクリックして登録すると、すぐに届きます。

ガイドブックをプレゼント!


「がんを完治させるための5つのルール」とは・・・


本村ユウジ責任編集。「がんと闘ううえで、絶対に外してはいけないポイント」を凝縮したガイドブックです。パソコンからでもスマホからでも読める電子ファイル(PDFファイル)なのですぐに読めます。

どんなガイドブックなのかの解説はこちらのページで。
がん治療で”絶対に”やってはいけないことは?

今すぐダウンロードして読みたい方は、こちらのボタンをクリックしてメールアドレスを登録してください。
kotira010

-03.胃がん