07.乳がん

乳がん「HER2陽性」のときに使われる分子標的薬とは

投稿日:

乳がん「HER2陽性」のときに使われる分子標的薬

がん細胞は正常な細胞と異なり、無秩序に増殖していきます。その増殖の指令を伝達する分子の経路を、ピンポイントで攻撃したり、阻害したりするの薬剤が「分子標的治療」です。

従来の抗がん剤は、がん細胞と正常細胞が同時に攻撃の的となりましたが、分子標的治療ではがん細胞を中心に作用します(正常細胞へのダメージがないわけではありません)。この治療法は、白血病、リンパ腫、肺がん、乳がんなど、多くのがんですでに標準治療になっています。

乳がんでは、トラスツマブ(商標名「ハーセプチン」)やラパチニブ(商標名「タイケルブ」)が分子標的薬剤として、HER2タンパク(がん細胞の表面に出るタンパク)の分子構造を阻害します。

HER2タンパクは、がんの増殖に必要な物資を細胞の外から内に取り込むもので、その働きが活発なほどたちが悪いがんです。分子標的薬剤はその働きを止める役割を果たします。

HER2陽性とは、細胞を染めてHER2タンパクが豊富にあれば「HER2染色陽性」と言い、染色体上のHER2遺伝子が増幅していれば「HER2フィッシュ陽性」と言って判断します。乳がんの人の2割から3割の人が、トラスツマブやラパチニブの分子標的治療の適応になります。

トラスツマブは現在、乳がん治療の中心となっています。ラパチニブはハーセプチンが効かないHER2陽性乳がんに対する分子標的治療として位置づけられています。

----------------------------

闘病ブログはとても参考になると思います。
にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


がん・腫瘍 ブログランキングへ

ガイドブック

----------------------------

「いったい、どうすればがんを治せるのか?」

「誰が本当のことを言っているのか?」

と悩んでいるなら。

世に出ている本を片っ端から読んだり、夜遅くまでネットで検索する必要はありません。

たった30分、60ページのガイドブック【がんを完治させるための5つのルール】を読むだけで「がんに勝つために必要なこと」が分かります。

無料でプレゼントしていますので、下のボタンからメールアドレスをご登録ください。

ダウンロードあるいは郵送でお届けします。

yajirusi2

(※セキュリティ保護された登録ページに移ります)

人気の記事

1

終わりのない厳しい治療。消えない再発の恐れ。 人生を失うかもしれない、という焦り。 熟睡できない。ふいに心臓の鼓動が速くなる。不安で手足がピリピリする。 「心が ...

2

こんにちは。本村ユウジです。 私はどこにも属さない、中立的な立場のがん治療専門アドバイザーです。 医者同士が「がんは放置しろ」「いや、病院で治療すべきだ」と批判 ...

3

このたびは、妻のがんサポートにあたり、医学・栄養学・健康学というさまざまな分野を統合した、トータルサポートをいただき感謝の念にたえません。 おそらく、単なる病院 ...

-07.乳がん

Copyright© 本村ユウジ公式サイト・ブログ , 2018 All Rights Reserved.