07.乳がん

乳がん「HER2陽性」のときに使われる分子標的薬とは

投稿日:

乳がん「HER2陽性」のときに使われる分子標的薬

がん細胞は正常な細胞と異なり、無秩序に増殖していきます。その増殖の指令を伝達する分子の経路を、ピンポイントで攻撃したり、阻害したりするの薬剤が「分子標的治療」です。

従来の抗がん剤は、がん細胞と正常細胞が同時に攻撃の的となりましたが、分子標的治療ではがん細胞を中心に作用します(正常細胞へのダメージがないわけではありません)。この治療法は、白血病、リンパ腫、肺がん、乳がんなど、多くのがんですでに標準治療になっています。

乳がんでは、トラスツマブ(商標名「ハーセプチン」)やラパチニブ(商標名「タイケルブ」)が分子標的薬剤として、HER2タンパク(がん細胞の表面に出るタンパク)の分子構造を阻害します。

HER2タンパクは、がんの増殖に必要な物資を細胞の外から内に取り込むもので、その働きが活発なほどたちが悪いがんです。分子標的薬剤はその働きを止める役割を果たします。

HER2陽性とは、細胞を染めてHER2タンパクが豊富にあれば「HER2染色陽性」と言い、染色体上のHER2遺伝子が増幅していれば「HER2フィッシュ陽性」と言って判断します。乳がんの人の2割から3割の人が、トラスツマブやラパチニブの分子標的治療の適応になります。

トラスツマブは現在、乳がん治療の中心となっています。ラパチニブはハーセプチンが効かないHER2陽性乳がんに対する分子標的治療として位置づけられています。

このサイトの管理者について

このサイトはがん治療専門のアドバイザー、本村ユウジが運営しています。

プロフィールはこちら

メールレター説明

本村ユウジのメールマガジン

ブログでは書けない「がん治療」に関する本音をメールで。全15回の読み切り型のメールマガジンです。すでに38,000名の方に読まれています。↓をクリックして登録すると、すぐに届きます。

必読の書!

ガイドブック「がんを完治させるための5つのルール」を無料で差し上げています


本村ユウジ責任編集。「がんと闘ううえで、絶対に外してはいけないポイント」を凝縮したガイドブックです。パソコンからでもスマホからでも読める電子ファイル(PDFファイル)なのですぐに読めます。


どんなガイドブックなのかの解説はこちらのページで。

がん治療で”絶対に”やってはいけないことは?

今すぐダウンロードして読みたい方は、こちらのボタンをクリックしてメールアドレスを登録してください。

kotira010

-07.乳がん

Copyright© がん治療相談・本村ユウジ公式 , 2017 AllRights Reserved.