16.前立腺がん

前立腺がんの超音波検査の方法と検査で分かること

投稿日:

前立腺がんの超音波検査の方法と検査で分かること
超音波検査には、経腹的超音波断層法と、経直腸的超音波断層法があります。前者は、超音波を出したり受けたりする装置(プローブ)を腹部に当てることで、前立腺の断面をみます。

後者は、横向きに寝てもらい、人さし指ほどの太さのプローブにゼリーを塗布し、肛門から挿入します。経腹よりも鮮明で正確な画像を得ることができるので、前立腺がんの検査では、後者のほうが有効です。

経直腸的超音波断層法では、前立腺の大きさや形、内部の構造などを調べます。たとえば、直腸診のとき指にかたいものがふれても、それががんなのか結石なのかわかりませんが、超音波検査なら判別することができます。また、前立腺の大きさを正確に測定することができ、超音波の画像から、前立腺がんの部位を推定することも可能です。

ただし、ある程度がんが大きくなければ観察することはできないので、この検査法による早期前立腺がんの発見は困難です。

■前立腺の大きさや形状を調べる

前立腺がんが疑われる画像には、次のような特徴があらわれます。

・前立腺の形の違和感
健康な人の前立腺は栗のような形をしていてほぼ左右対称ですが、前立腺がんがあると、いびつになり、左右対称ではありません。

・前立腺被膜のエコーの乱れ
前立腺の前後の長さが異常に長くなったり、移行域と辺縁域の境がわかりにくくなることがあります。

・不規則なエコー画像
健康な前立腺の内部画像は均一の明るさを保っています。しかし、がんがあると、そこだけ暗く映し出されます。

・異常血流像
最近では、ほとんどの前立腺専門施設では、血流の状態を把握できるカラードプラ法が採用されています。これにより、がんに栄養を供給する異常な血管が増殖しているのを確認することができます。

以上、前立腺がんの検査についての解説でした。

がんと診断されたあと、どのような治療を選び、日常生活でどんなケアをしていくのかで、その後の人生は大きく変わります。

納得できる判断をするためには正しい知識が必要です。患者として、家族として必要な知識はこちらのガイドブックにまとめました。
がん治療で「絶対に」やってはいけないことは?

興味がある方は、ダウンロードして読んでみてください。

このサイトの管理者について

このサイトはがん治療専門のアドバイザー、本村ユウジが運営しています。

プロフィールはこちら

メールレター説明

本村ユウジのメールマガジン

ブログでは書けない「がん治療」に関する本音をメールで。全15回の読み切り型のメールマガジンです。すでに38,000名の方に読まれています。↓をクリックして登録すると、すぐに届きます。

必読の書!

ガイドブック「がんを完治させるための5つのルール」を無料で差し上げています


本村ユウジ責任編集。「がんと闘ううえで、絶対に外してはいけないポイント」を凝縮したガイドブックです。パソコンからでもスマホからでも読める電子ファイル(PDFファイル)なのですぐに読めます。


どんなガイドブックなのかの解説はこちらのページで。

がん治療で”絶対に”やってはいけないことは?

今すぐダウンロードして読みたい方は、こちらのボタンをクリックしてメールアドレスを登録してください。

kotira010

-16.前立腺がん

Copyright© がん治療相談・本村ユウジ公式 , 2017 AllRights Reserved.