20.悪性リンパ腫

悪性リンパ腫の治療と妊娠・出産について

更新日:

na-su84343

■化学療法による不妊と対策

・精子の保存

男性の患者さんの場合、抗がん薬の投与によって精巣の働きが著しく低下し、無精子症などが生じます。化学療法終了後に回復する例もありますが、抗がん薬の種類や投与量によって回復までの期間に差が生じます。

いっぽう、精巣の働きが回復しない例も多く見られます。そこで、将来的に子供を得たいとの希望があるときには、化学療法開始前に精子を保存しておく方法がとられることがあります。

女性の患者さんの場合も生理がとまり、妊娠能力が低下します。一部の患者さんでは、化学療法終了後に生理が回復して妊娠が可能となりますが、年齢が高くなるほど、生理が回復しない可能性が高まります。

最近、抗がん薬の妊娠能力への影響を減らす目的で、前もってホルモン製剤(リュープリン、ドオルトンなど)を投与する施設も出てきています。

・卵子の保存

いっぽう、化学療法開始前の卵子保存については、臨床研究として一部の施設で試みられていますが、まだ一般的ではありません。

■妊娠中に悪性リンパ腫を発症した場合

ホジキンリンパ腫や、ゆっくり進行するタイプの非ホジキンリンパ腫の場合は、出産まで待ってから化学療法を始めることが可能なときもあります。活動性の強いタイプや最も激しいタイプの非ホジキンリンパ腫では、原則的に診断された時点で速やかに化学療法を開始します。

・妊娠初期の場合

妊娠初期の場合は、約3分の1の人が化学療法開始後に流産するといわれています。また、薬による未熟児や奇形の危険性についても考慮する必要があり、人工中絶が1つの選択になることもあります。

・妊娠中期以降の場合

妊娠中期以降に悪性リンパ腫の診断がされたときは、通常と同じ薬の組み合わせによる化学療法を開始し、必要に応じて出産後に化学療法を再開します。

・出生児の発育

妊娠中に悪性リンパ腫を発症して、化学療法を受けた母親から生まれた子供については、現在のところ、特に成長に支障が見られてはいません。しかし、新しい薬の影響についてはまだ不明な点があります。

----------------------------

患者さんの闘病ブログがたくさん。
にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


がん・腫瘍 ブログランキングへ

ガイドブック差し上げます

  • この記事を書いた人
yuji-motomura

本村ユウジ

「がんの研究と、患者さんのサポート」を2008年から続けています。現在まで、3,000名を超えるがん患者さんやご家族をサポートしてきました。詳しいプロフィールはこちら。

-20.悪性リンパ腫

Copyright© 本村ユウジ公式サイト・ブログ , 2017 All Rights Reserved.