09.子宮体がん

子宮体がんの手術「単純子宮全摘術」とは

投稿日:

単純子宮全摘術

単純子宮全摘術

子宮体がんの治療では、9割ほどに切除手術が適用されています手術の方法(術式)には何種類かあり、進行期によって適用が分かれます。

細胞診や組織診で子宮内膜異型増殖症やがんと診断されれば、病変が子宮内膜に限局していても、妊娠を希望しなければ、原則、子宮全体を切除します。これを「単純子宮全摘出術」といい、リンパ節郭清(摘出)は実施しません。

類内膜腺がんは、がん細胞の形態が子宮の内膜細胞に似ています。このがんは、子宮体がんの8割を占め、2割にあたるほかの漿液性腺がん、明細胞腺がん、粘液性腺がんなどに比べると、浸潤や転移する確率の低いがんです。

とくに分化度が、正常細胞に近いG1では、がんとしての悪性の度合いも低くなります。
したがって、臨床進行期がステージ1A期・G1の類内膜腺がんでは、近隣のリンパ節へ、がん細胞が広がっていることも稀になります。

この手術法の利点は手術後の合併症が少ないこと、輸血が必要となるような出血が少ないということが挙げられます。腹腔鏡下手術も可能です。

単純子宮全摘出術を含めてすべての子宮摘出手術では、両側付属器(左右の卵巣と卵管)も切除します。これは統計上、全子宮体がんの15%もが、卵巣に転移するからです。

ステージ1A期・G1の類内膜腺がんでは、転移の確率はもっと低くなりますが、万全を期しての処置として行われます。また子宮体がんとは別に、卵巣がんができていることもあるため切除が原則とされています。

両側付属器の切除はこのように、子宮体がん手術では同時に実施されます。ただし、妊娠を希望する人には、がんの有無を画像検査などで十分に検討したのち、転移している確率が0に近いときは、これらを温存(妊孕性温存)することも可能です。

手術時間は1~2二時間くらいで、入院日数は7~10日くらいです。

なお、手術終了後に切除したがんの細胞・組織の診断を行います。これは臨床病期を最終決定する準拠になります。ときには第三次検査の結果と異なるときがありますが、手術後の細胞・組織診が優先します。

以上、子宮体がんの手術についての解説でした。

がんと診断されたあと、どのような治療を選び、日常生活でどんなケアをしていくのかで、その後の人生は大きく変わります。

納得できる判断をするためには正しい知識が必要です。患者として、家族として必要な知識はこちらのガイドブックにまとめました。
がん治療で「絶対に」やってはいけないことは?

興味がある方は、ダウンロードして読んでみてください。

このサイトの管理者について

このサイトはがん治療専門のアドバイザー、本村ユウジが運営しています。

プロフィールはこちら

メールレター説明

本村ユウジのメールマガジン

ブログでは書けない「がん治療」に関する本音をメールで。全15回の読み切り型のメールマガジンです。すでに38,000名の方に読まれています。↓をクリックして登録すると、すぐに届きます。

必読の書!

ガイドブック「がんを完治させるための5つのルール」を無料で差し上げています


本村ユウジ責任編集。「がんと闘ううえで、絶対に外してはいけないポイント」を凝縮したガイドブックです。パソコンからでもスマホからでも読める電子ファイル(PDFファイル)なのですぐに読めます。


どんなガイドブックなのかの解説はこちらのページで。

がん治療で”絶対に”やってはいけないことは?

今すぐダウンロードして読みたい方は、こちらのボタンをクリックしてメールアドレスを登録してください。

kotira010
  • この記事を書いた人
yuji-motomura

本村ユウジ

「がんの研究と、患者さんのサポート」を2008年から続けています。現在まで、3,000名を超えるがん患者さんやご家族をサポートしてきました。詳しいプロフィールはこちら。

-09.子宮体がん

Copyright© がん治療相談・本村ユウジ公式 , 2017 All Rights Reserved.