18.卵巣がん

卵巣がん手術後に行われる化学療法(抗がん剤治療)とは|ステージ2~4

投稿日:

卵巣がん手術後に行われる化学療法

卵巣がんのステージ2~4期では、手術後に化学療法(抗がん剤治療)が行われます。卵巣がんは抗がん剤の効果が現れやすい特徴があり、重要な位置づけになっています。

卵巣がんで標準となる化学療法は、タキサン系とプラチナ系の併用です。代表的なものとしては、パクリタキセル(T)とカルボプラチン(C)の併用であるTC療法があります。

なお、TC療法が使用できない場合、オプションとしてDC療法(ドキタセル+カルボプラチン)やプラチナ単剤療法も推奨されています。また、パクリタキセル(T)を毎週投与する「dose-denseTC療法」という方法も有効な治療法であると報告されています。

最近、抗VEGFヒト化モノクローナル抗体(ベバシズマブ。商品名=アバスチン)が、卵巣がん、卵管がん、原発性腹膜がんにも適応になり、治療に使えるようになりました。

化学療法と併用後、単剤で使用するものであり、また一つ治療の選択肢が広がったといえます。しかし消化管穿孔、血栓塞栓症、高血圧など特有の副作用もありますので注意が必要です。

■卵巣がんの種類と化学療法

卵巣がんは発生部位により、

1.表層上皮性・間質性
2.性索間質
3.胚細胞性
4.その他、

と種類が分かれ、それぞれに良性・境界悪性・悪性の腫瘍があります。卵巣がんの上位を占める上皮性卵巣がんには、TC療法が有効です。しかし、日本人で二番目に多い明細胞腺がんは、漿液性腺がんや類内膜腺がんに比べて、TC療法が効きにくいとされています。

また、粘液性腺がんは、発生頻度が最も少ないですが、同様にTC療法が効きにくいと指摘されています。しかし、現在TC療法より効果がある療法が出てきていないので、TC療法が最も標準的な化学療法とされています。

いっぽう、若い人に多い胚細胞性のがんでは、化学療法がよく効くので、がんの部分のみを核出し、卵巣を温存することも可能です。しかし出産希望がなければ、付属器(卵巣+卵管)は切除するのが一般的です。

その後、ブレオマイシン(B)+エトポシド(E)+シスプラチン(P)を用いたBEP療法を行うことが、標準的な治療になります。

以上、卵巣がんの化学療法についての解説でした。

がんと診断されたあと、どのような治療を選び、日常生活でどんなケアをしていくのかで、その後の人生は大きく変わります。

納得できる判断をするためには正しい知識が必要です。患者として、家族として必要な知識はこちらのガイドブックにまとめました。
がん治療で「絶対に」やってはいけないことは?

興味がある方は、ダウンロードして読んでみてください。

このサイトの管理者について

このサイトはがん治療専門のアドバイザー、本村ユウジが運営しています。

プロフィールはこちら

メールレター説明

本村ユウジのメールマガジン

ブログでは書けない「がん治療」に関する本音をメールで。全15回の読み切り型のメールマガジンです。すでに38,000名の方に読まれています。↓をクリックして登録すると、すぐに届きます。

必読の書!

ガイドブック「がんを完治させるための5つのルール」を無料で差し上げています


本村ユウジ責任編集。「がんと闘ううえで、絶対に外してはいけないポイント」を凝縮したガイドブックです。パソコンからでもスマホからでも読める電子ファイル(PDFファイル)なのですぐに読めます。


どんなガイドブックなのかの解説はこちらのページで。

がん治療で”絶対に”やってはいけないことは?

今すぐダウンロードして読みたい方は、こちらのボタンをクリックしてメールアドレスを登録してください。

kotira010

-18.卵巣がん

Copyright© がん治療相談・本村ユウジ公式 , 2017 AllRights Reserved.