18.卵巣がん

卵巣がん手術の詳細|卵巣がんの標準的な手術「卵巣+子宮摘出+大網+骨盤・傍大動脈リンパ節切除手術」について

投稿日:

卵巣がん手術の詳細

卵巣にある腫瘍が悪性=卵巣がんと確定すると、標準的(基本的)な手術を行うことになります。卵巣がんの手術はほぼ同じ手術を行うとされていますが、切除の範囲はとても広い大きな手術になります。

■卵巣がんの標準的(基本術式による)な手術とは

がんが浸潤している部分、転移している部分を含んで「がんを完全に切除摘出できるとき」は、基本術式(両側付属器(卵巣)摘出術+子宮摘出術+大網切除術+骨盤・傍大動脈リンパ節郭清)による手術が提案されます。

これはがんの根治(目に見える腫瘍をすべて取り除く)を目的とする手術です。卵巣がんや子宮体がんの治療では、左右の卵巣と卵管(付属器)を原則摘出します。切除の範囲は、臨床病期で異なることがありますが切除対象には子宮とともに、大綱が含まれます。これは大網が卵巣の上部に位置し、卵巣がんが転移したり、播種しやすいからです。

以上、卵巣がんの手術についての解説でした。

がんと診断されたあと、どのような治療を選び、日常生活でどんなケアをしていくのかで、その後の人生は大きく変わります。

納得できる判断をするためには正しい知識が必要です。患者として、家族として必要な知識はこちらのガイドブックにまとめました。
がん治療で「絶対に」やってはいけないことは?

興味がある方は、ダウンロードして読んでみてください。

----------------------------

闘病ブログはとても参考になると思います。
にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


がん・腫瘍 ブログランキングへ

ガイドブック差し上げます

  • この記事を書いた人
yuji-motomura

本村ユウジ

「がんの研究と、患者さんのサポート」を2008年から続けています。現在まで、3,000名を超えるがん患者さんやご家族をサポートしてきました。詳しいプロフィールはこちら。

-18.卵巣がん

Copyright© 本村ユウジ公式サイト・ブログ , 2018 All Rights Reserved.