09.子宮体がん

子宮体がんの原因と考えられるリスク要因は?

更新日:

子宮体がんの原因と考えられるリスク要因

子宮体がんのうち、タイプ1のホルモン依存性のがんでは、端的にエストロゲンなどの女性ホルモンの絶対値(曝露量・ばくろりょう ともいいます)が、高いことがリスクになります。

メタボリック症候群もリスクですが、これは脂肪組織でエストロゲンが産生されることによります。その意味で、肥満の原因となる、糖尿病や運動不足などの生活習慣、動物性脂肪の多い食事内容などもリスクを高めます。

そのほかの要因としては、特定の病気、特定の家系(稀です)、服用している薬品なども含まれます。特に「胎盤エキス」にはエストロゲンが豊富に含まれているものもあり、注意が必要です。

■子宮体がんの前触れとなる可能性がある病気

子宮内膜増殖症や子宮内膜異型増殖症は、その一部が子宮体がんになると考えられています。

■エストロゲン曝露が多くなる要因

妊娠・出産未経験または少ない、不妊症(無排卵周期症など)、生理不順、閉経した人、閉経が遅い人などエストロゲンが過剰な状態が続くことや、肥満、高血圧、糖尿病などの生活習慣病や脂肪やコレステロールの多い食生活もリスクになります。

閉経後でも脂肪細胞でエストロゲンがつくられているので、動物性脂肪のとりすぎは要注意です。

■特定の病気

エストロゲン産生腫瘍・・・粒膜細胞腫などや多嚢胞性卵巣症候群(排卵が起きない)

■家族や近親等の女性に大腸がん、子宮体がんや乳がんの人がいる

子宮体がんの多い家系の統計的調査が進み、色々なことが分かってきています。家族など近親女性に、子宮体がんのほか乳がんの既往者がいると、子宮体がんの確率は高くなります。

乳がんは子宮体がんとは関係の深いがんです。リンチ症候群は、DNAミスマッチ修復関連遺伝子の異常が原因とされています。生涯のがん発症率は、大腸がんが最も高く、女性では30~52%、子宮体がんが28~60%、卵巣がんが6~7%といわれています。

その他、胃がんも多いといわれています。該当者は定期的に、子宮体がんの検査を受けたほうがいいでしょう。なお、こうした家系に特有な遺伝子もある程度解明されていて、遺伝子診療科がある病院などで検査することができます。ただし検査には保険がきかないので、私費となります。

■服用している薬

・エストロゲン製剤の長期摂取
・乳がん治療薬のタモキシフェンの摂取(エストロゲンと同じ効果)
・ホルモン補充療法でのホルモン剤(多少のリスクに)

これらはタイプ1の子宮体がんのリスク要因です。タイプ2のホルモン非依存性がんのリスク要因は、実証性のある研究・調査では、まだ解明されていません。タイプ2は比較的高齢者に多いので、老化が間接的に何らかのリスクを誘引すると考えられています。

以上、子宮体がんの要因についての解説でした。

がんと診断されたあと、どのような治療を選び、日常生活でどんなケアをしていくのかで、その後の人生は大きく変わります。

納得できる判断をするためには正しい知識が必要です。

⇒ がんを治すための「たった1つの条件」とは?

たった1つの条件とは

本村ユウジ
こんにちは。がん治療専門アドバイザー、本村です。

私は10年間で4,300名のがん患者さんをサポートしてきました

がんは、とても厳しい病気です。

しかし、手の打ちようがない病気ではありません。

「抗がん剤を断りましたが、今も元気です」

「がんが消えたようです」など、多数の患者さんの声を掲載しています。

無料の小冊子もプレゼントしていますので、闘病の参考にしていただければと思います。

詳しくはこちらのページで。

 → がんを治すための「たった1つの条件」とは?


 

闘病ブログはとても参考になると思います。
にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村

5つのルール

--- --- --- --- --- --- --- --- --- ---

「いったい、どうすればがんを治せるのか?」

「誰が本当のことを言っているのか?」

と悩んでいるなら。

世に出ている本を片っ端から読んだり、夜遅くまでネットで検索する必要はありません。

たった30分、60ページのガイドブック【がんを完治させるための5つのルール】を読むだけで「がんに勝つために必要なこと」が分かります。

無料でプレゼントしていますので、下のボタンからメールアドレスをご登録ください。

ダウンロードあるいは郵送でお届けします。

yajirusi2

(※セキュリティ保護された登録ページに移ります)

人気の記事

1

終わりのない厳しい治療。消えない再発の恐れ。 人生を失うかもしれない、という焦り。 熟睡できない。ふいに心臓の鼓動が速くなる。不安で手足がピリピリする。 「心が ...

2

こんにちは。本村ユウジです。 私はどこにも属さない、中立的な立場のがん治療専門アドバイザーです。 医者同士が「がんは放置しろ」「いや、病院で治療すべきだ」と批判 ...

3

このたびは、妻のがんサポートにあたり、医学・栄養学・健康学というさまざまな分野を統合した、トータルサポートをいただき感謝の念にたえません。 おそらく、単なる病院 ...

-09.子宮体がん

Copyright© 本村ユウジ公式サイト・ブログ , 2018 All Rights Reserved.