18.卵巣がん

卵巣にできる腫瘍と卵巣がんの種類。症状は腹部の膨満感に注意

卵巣にできる腫瘍と卵巣がんの種類

卵巣にできる腫瘍のうち85%は良性ですが、のこりが悪性(がん)です。

卵巣がんは、卵巣の表面の細胞にできる上皮性がんが90%を占め、次に卵子を作る細胞にできる胚細胞性がんが多くなります。その他、卵子のまわりの細胞から発生する性索(せいさく)間質性腫瘍や胃がん、大腸がん、乳がんなどから卵巣に転移した転移性卵巣がんもあります。

卵巣がんは、初期にはほとんど症状がなく、医師が検診や他の病気の診察などで、たまたま発見したというケースがほとんどです。以下のような症状は、かなり進行してから出ることが多くなります。症状の中で、卵巣がんだけに固有で、それとすぐ判断できるものはあまりありません。

■腹部の膨満感、その他卵巣がんを疑う症状

進行して卵巣がんの塊が大きくなると、お腹がはったり、腫れたり、しこりや痛みを感じます。今までのスカートやズボンなどが入らなくなったりしますが、自分では太ったと錯覚する人もいます。なかには腹水(お腹の中に水)が溜まったせいで20kgも体重が増えたのに、肥満と思い放置していた人もいるそうです。

また膀胱や腸が圧迫されて、排尿困難、頻尿、便秘などが起きます。ほかに吐き気や嘔吐、食欲減退などの症状も出ます。

■腹水と胸水

腹膜に転移すると、播種(はしゅ)転移(作物の種子を播いたような状態で転移すること)となって点状に広がります。腹水は播種転移で多くなり、腹部が膨満します。また横隔膜や胸腔内に転移すると、胸水が溜まります。

以上、卵巣がんについての解説でした。

がんと診断されたあと、どのような治療を選び、日常生活でどんなケアをしていくのかで、その後の人生は大きく変わります。

納得できる判断をするためには正しい知識が必要です。患者として、家族として必要な知識はこちらのガイドブックにまとめました。
がん治療で「絶対に」やってはいけないことは?

興味がある方は、ダウンロードして読んでみてください。

メールレター説明

本村ユウジのメールマガジン

ブログでは書けない「がん治療」に関する本音をメールで。全15回の読み切り型のメールマガジンです。↓をクリックして登録すると、すぐに届きます。

ガイドブックをプレゼント!


「がんを完治させるための5つのルール」とは・・・


本村ユウジ責任編集。「がんと闘ううえで、絶対に外してはいけないポイント」を凝縮したガイドブックです。パソコンからでもスマホからでも読める電子ファイル(PDFファイル)なのですぐに読めます。

どんなガイドブックなのかの解説はこちらのページで。
がん治療で”絶対に”やってはいけないことは?

今すぐダウンロードして読みたい方は、こちらのボタンをクリックしてメールアドレスを登録してください。
kotira010

-18.卵巣がん