06.食道がん

食道がん0期、1期の治療法とは

更新日:

syokudo-naisikyo

がんが食道の壁の最も内側の粘膜にとどまり、転移のない0期の段階であれば「内視鏡治療」が行われます。

その内視鏡治療には「内視鏡的粘膜切除術(EMR)」と「内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)」があります。EMRはがん病巣を生理食塩水などで浮きあげてスネアといわれるループ状ワイヤをかけ、スネアを締めて高周波電流を流し焼き切る、という方法です。適応はがん病巣の直径が2センチ以内の小さいがんです。

いっぽう、2センチを超える0期のがんにも対応できるのがESDで、今日の内視鏡治療はESDが中心になっています。

ESDはがん病巣の周囲に高周波ナイフでマーキングをし、その後、がん病巣の下に止血薬を配合した薬液を注入、高周波ナイフでマーキングの外側を切開した後に、がん腫瘍を剥離する方法です。

剥離できる病巣の大きさに制限はありません。食道の直径は2~3センチですが、その全周を切除することも物理的には可能です。ただし、全周を切除すると狭窄が起きます。ステロイドを注入したり、バルーンによる拡張を行ったりといった対応が必要になります。このESDが行われるようになって、内視鏡治療の適応患者は増えました。

ESDは全周の切除も可能ですが、治療のガイドラインとしては、「食道の粘膜層にとどまっている」ことが条件となっており、この治療はステージⅠ期でも行われます。

ステージⅠかⅡかの判断が難しい場合、まずはESDを行います。それを病理で調べ、粘膜内にがんがとどまっていれば治療は終了です。もう少し深い粘膜下層までがんが達していると、ESDのあとに再度「手術」で対応するか、もしくは予防的な「化学放射線療法」を行います。ESDを行って病理で評価して次のステップに移ろう、というのが現在の治療の主流となっている方法です。

以上、食道がんについての解説でした。

がんと診断されたあと、どのような治療を選び、日常生活でどんなケアをしていくのかで、その後の人生は大きく変わります。

納得できる判断をするためには「正しい知識」が必要です。患者として、家族として必要な知識はこちらのガイドブックにまとめました。
がん治療で「絶対に」やってはいけないことは?

興味がある方は、ダウンロードして読んでみてください。

このサイトの管理者について

このサイトはがん治療専門のアドバイザー、本村ユウジが運営しています。

プロフィールはこちら

メールレター説明

本村ユウジのメールマガジン

ブログでは書けない「がん治療」に関する本音をメールで。全15回の読み切り型のメールマガジンです。すでに38,000名の方に読まれています。↓をクリックして登録すると、すぐに届きます。

必読の書!

ガイドブック「がんを完治させるための5つのルール」を無料で差し上げています


本村ユウジ責任編集。「がんと闘ううえで、絶対に外してはいけないポイント」を凝縮したガイドブックです。パソコンからでもスマホからでも読める電子ファイル(PDFファイル)なのですぐに読めます。


どんなガイドブックなのかの解説はこちらのページで。

がん治療で”絶対に”やってはいけないことは?

今すぐダウンロードして読みたい方は、こちらのボタンをクリックしてメールアドレスを登録してください。

kotira010
  • この記事を書いた人
yuji-motomura

本村ユウジ

「がんの研究と、患者さんのサポート」を2008年から続けています。現在まで、3,000名を超えるがん患者さんやご家族をサポートしてきました。詳しいプロフィールはこちら。

-06.食道がん
-, ,

Copyright© がん治療相談・本村ユウジ公式 , 2017 All Rights Reserved.