07.乳がん

乳がんルミナルA、ルミナルBとは?

投稿日:

乳がんルミナルA、ルミナルBとは

はHER2陽性の場合とHER2陰性の場合があり、一見おとなしいのですが、悪性度が高いこともあります。

またルミナルAはホルモン療法のみで腫瘍抑制効果や再発予防を望めるのに対し、HER2陰性のルミナルBはホルモン療法に抗がん剤治療を追加、HER2陽性のルミナルBはさらに抗HER2療法を追加することが推奨されています。

■その他のサイブタイプ

全体の10~15%を占める「HER2エンリッチド」は、ホルモン受容体陰性でHER2陽性の乳がんです。これは悪性度の高いがんですが、抗HER2療法がとても高い効果を示します。

「ベーサルライク」はホルモン受容体陰性、HER2陰性のタイプです。ホルモン療法も抗HER2療法も効かないので、抗がん剤治療のみ適応となりますが、抗がん剤が比較的効きやすいことも分かっています。

よく耳にする「トリプルネガティブ」は臨床的な分類名、ベーサルライクは遺伝子発現に着目した分類名で、イコールではないものの、80%程度が一致するとされています。

ルミナルAとルミナルB(HER2陰性)の区別はKi(キー)67という指標や、がんのグレード(悪性度)などから総合的に判断し、ホルモン療法に抗がん剤治療を追加するかどうかが考えられます。

■サブタイプの判断方法は?

そもそもサブタイプというのは、がんの遺伝子発現のパターンによる分類です。遺伝子発現解析検査は進歩、簡便化しており、海外ではサブタイプをかなり正確に診断できる「PAM50」の臨床検査用キットが発売されています。

しかし日本では普及しておらず、日々の臨床検査で調べることができるホルモン受容体、HER2タンパクなどを指標にして、サブタイプを”分類して推測“しているのが現状です。

このため、診断が外れてしまうこともありえます。例えばHER2陽性と診断されたが本当は陰性で、抗HER2療法が効かないなどということが実際にあります。

遺伝子発現解析検査を積極的に導入しようという動きはあり、いずれ多くの先進医療などの形で普及するときが来ると想定されています。ただし遺伝子発現解析検査も絶対ではありません。どんな検査も万能ではないことを念頭に置き、薬の効果など経過をよく見ながら治療を進めていくことが重要です。

以上、乳がんのサブタイプについての解説でした。

がんと診断されたあと、どのような治療を選び、日常生活でどんなケアをしていくのかで、その後の人生は大きく変わります。

納得できる判断をするためには正しい知識が必要です。患者として、家族として必要な知識はこちらのガイドブックにまとめました。
がん治療で「絶対に」やってはいけないことは?

興味がある方は、ダウンロードして読んでみてください。

このサイトの管理者について

このサイトはがん治療専門のアドバイザー、本村ユウジが運営しています。

プロフィールはこちら

メールレター説明

本村ユウジのメールマガジン

ブログでは書けない「がん治療」に関する本音をメールで。全15回の読み切り型のメールマガジンです。すでに38,000名の方に読まれています。↓をクリックして登録すると、すぐに届きます。

必読の書!

ガイドブック「がんを完治させるための5つのルール」を無料で差し上げています


本村ユウジ責任編集。「がんと闘ううえで、絶対に外してはいけないポイント」を凝縮したガイドブックです。パソコンからでもスマホからでも読める電子ファイル(PDFファイル)なのですぐに読めます。


どんなガイドブックなのかの解説はこちらのページで。

がん治療で”絶対に”やってはいけないことは?

今すぐダウンロードして読みたい方は、こちらのボタンをクリックしてメールアドレスを登録してください。

kotira010

-07.乳がん
-

Copyright© がん治療相談・本村ユウジ公式 , 2017 AllRights Reserved.