07.乳がん

乳がんの非浸潤がんと浸潤がんとは

乳がんの非浸潤がんと浸潤がん

乳がんは乳腺にできるがんなので、女性の病気とされています。(しかし、まれにですが、男性もかかることがあります)

乳腺とは、小葉という組織と母乳を運ぶ管から成り立っています。乳頭(乳首)を中心に10~15本が胸筋に向かって枝分かれして広がっています。

さらに小葉外終末乳管と軸(小葉内終末乳管)、そして腺房からなり、乳がんのほとんどが小葉外終末乳管の上皮にできます。そして乳管の内部にがんがおさまっているものを「非浸潤がん」と言い、基底膜を破って乳管の外に浸潤してくるがんを「浸潤がん」と言います。

がんは一旦浸潤がんになると、細胞分裂をしながら大きくなり、さらにリンパの流れや血流に乗って他の臓器へと転移します。したがって、第一に「非浸潤がん」の段階で発見し、第二に乳管外に浸潤したとしても乳房内で発見するのが望ましいとされています。

 

メールレター説明

本村ユウジのメールマガジン

ブログでは書けない「がん治療」に関する本音をメールで。全15回の読み切り型のメールマガジンです。↓をクリックして登録すると、すぐに届きます。

ガイドブックをプレゼント!


「がんを完治させるための5つのルール」とは・・・


本村ユウジ責任編集。「がんと闘ううえで、絶対に外してはいけないポイント」を凝縮したガイドブックです。パソコンからでもスマホからでも読める電子ファイル(PDFファイル)なのですぐに読めます。

どんなガイドブックなのかの解説はこちらのページで。
がん治療で”絶対に”やってはいけないことは?

今すぐダウンロードして読みたい方は、こちらのボタンをクリックしてメールアドレスを登録してください。
kotira010

-07.乳がん