08.子宮頸がん

子宮頸がん手術後の入浴で注意すべきこと

更新日:

na-su84343

入浴は、手術後2~3週間をめやすに、医師の許可を得てから開始することになります。入浴剤を使用しても問題ありません。

入浴は体力を消耗するため、はじめのうちは長湯をせず、徐々に元に戻していきます。湯温が高いと疲労を増幅させてしまうので、ぬるめのお湯に設定することも大切です。

リンパ節を切除した患者さんは、リンパ浮腫の予防と対策も必要です。水圧と温熱がリンパの流れを良くしますが、長湯で疲れると逆効果。疲れすぎない入浴とリラックスがポイント。リンパドレナージは入浴後が効果的です。

■傷口は、石けんを泡立ててやさしく洗う

おなかに傷がある人は、スポンジなどでこすると出血することがあるので、石けんを泡立てて、手でなでるように洗いましょう。痛むときや、ケロイド防止のテープがついているときは、石けんを使わず、お湯で流すだけにします。

体調が悪くて入浴できないときは、下半身だけでも1日1回はシャワーを使用して、清潔に保ちましょう。

■傷口や外陰部は清潔に保つ

感染予防のため、入浴は術後の経過を見る必要がありますが、シャワーは、基本的に抜糸の翌日から行うことができます。おなかの傷や外陰部は、清潔に保つことを心がけましょう。

膣の中の傷は、とくに気にしなくてもよいといえます。入浴によってお湯が入ることはなく、洗ったりビデを使用する必要もありません。

また、温泉や銭湯などの共同浴場は、感染予防のため入浴許可が出てもしばらくは避けましょう。

このサイトの管理者について

このサイトはがん治療専門のアドバイザー、本村ユウジが運営しています。

プロフィールはこちら

メールレター説明

本村ユウジのメールマガジン

ブログでは書けない「がん治療」に関する本音をメールで。全15回の読み切り型のメールマガジンです。すでに38,000名の方に読まれています。↓をクリックして登録すると、すぐに届きます。

必読の書!

ガイドブック「がんを完治させるための5つのルール」を無料で差し上げています


本村ユウジ責任編集。「がんと闘ううえで、絶対に外してはいけないポイント」を凝縮したガイドブックです。パソコンからでもスマホからでも読める電子ファイル(PDFファイル)なのですぐに読めます。


どんなガイドブックなのかの解説はこちらのページで。

がん治療で”絶対に”やってはいけないことは?

今すぐダウンロードして読みたい方は、こちらのボタンをクリックしてメールアドレスを登録してください。

kotira010

-08.子宮頸がん

Copyright© がん治療相談・本村ユウジ公式 , 2017 AllRights Reserved.