11.腎臓がん

腎臓がんかどうか、どんながんかを調べるための検査

投稿日:

jinzo-toketu

腎臓がんは、今のところこれといった腫瘍マーカーがなく、血液検査等で発見することができません。通常の検診で見つかることもありますが、ほとんどはなんらかの症状(血尿、腰のあたりの違和感・しこり、脇腹の痛み、発熱、貧血、高血圧など)があって検査を受けます。

このような症状が出てきたときには、ある程度進行している場合が多いといえます。腎臓がんが疑われたこの段階で、超音波、CT、またMRI等の検査を行ない、腫瘍が悪性かどうか、悪性の場合は、どのような性格なのかを見ていきます。

■腎臓がんの特徴や状態を調べるための検査

検査の結果、がんが見つかった場合、次の3つを調べます。腎細胞がんでは、腫瘍の「大きさと広がり」がポイントです。

1.どこにあるか

腎臓のなか(T1/T2)
腎臓の外に広がっている(T3/T4)
リンパ節へ転移(N0~N2)
他臓器へ転移(M0~M1)

2.どのくらいの大きさか・どのくらい広がっているか

(1)腎臓のなかに留まる
4cm以下(T1a)
4cmより大きく7cm以下(T1b)
7cmより大きく10cm以下(T2a)
10cmより大きい(T2b)

(2)腎臓の外へ広がる
静脈・周辺に広がるが腎臓の外側の筋膜(ゲロタ筋膜)を超えない(T3abc)
筋膜を超えて広がっている(T4)

3.どんな性格か

おとなしい、普通、悪性度が高い

「どこに」を見るときは、腎臓を通る静脈を塞いでいないかに注意します。また血管の周辺のリンパ節や肺や脳や骨に転移していないかを調べます。

・静脈を塞いでいないか?
・血管周辺のリンパ節/骨に転移していないか?→造影CT/MRI/骨シンチ

以上のようながんの「大きさとひろがり」の見当をつけて、治療法を選択します。

以上、腎臓がんの検査法についての解説でした。

がんと診断されたあと、どのような治療を選び、日常生活でどんなケアをしていくのかで、その後の人生は大きく変わります。

納得できる判断をするためには正しい知識が必要です。患者として、家族として必要な知識はこちらのガイドブックにまとめました。
がん治療で「絶対に」やってはいけないことは?

興味がある方は、ダウンロードして読んでみてください。

このサイトの管理者について

このサイトはがん治療専門のアドバイザー、本村ユウジが運営しています。

プロフィールはこちら

メールレター説明

本村ユウジのメールマガジン

ブログでは書けない「がん治療」に関する本音をメールで。全15回の読み切り型のメールマガジンです。すでに38,000名の方に読まれています。↓をクリックして登録すると、すぐに届きます。

必読の書!

ガイドブック「がんを完治させるための5つのルール」を無料で差し上げています


本村ユウジ責任編集。「がんと闘ううえで、絶対に外してはいけないポイント」を凝縮したガイドブックです。パソコンからでもスマホからでも読める電子ファイル(PDFファイル)なのですぐに読めます。


どんなガイドブックなのかの解説はこちらのページで。

がん治療で”絶対に”やってはいけないことは?

今すぐダウンロードして読みたい方は、こちらのボタンをクリックしてメールアドレスを登録してください。

kotira010
  • この記事を書いた人
yuji-motomura

本村ユウジ

「がんの研究と、患者さんのサポート」を2008年から続けています。現在まで、3,000名を超えるがん患者さんやご家族をサポートしてきました。詳しいプロフィールはこちら。

-11.腎臓がん

Copyright© がん治療相談・本村ユウジ公式 , 2017 All Rights Reserved.