25.抗がん剤・分子標的薬

ネクサバール(ソラフェニブ)の費用(値段)と治療期間

投稿日:

ネクサバール(ソラフェニブ)の費用

腎臓がんなどに使われる分子標的薬、ネクサバール(ソラフェニブ)は錠剤です。1回2錠(400mg)を1日2回、計4錠を毎日服用します。副作用が強く出たときなどは、服用量を減らすこともあります。

■注意点

手足症候群は致死的な副作用ではありませんが、悪化すると痛みを生じるため、生活の質を著しく低下させます。皮層がピリピリするといった知覚異常から始まることが多いので、異常を感じたら医師や看護師に伝えましょう。高脂肪の食品をとると薬の効果が弱まることがあります。揚げ物などの高脂肪食はできるだけ避けましょう。

■投与期間と費用

1コースの期間:特になく、効果があれば継続されます。

総コース数:効果があれば継続されます。

おもな副作用:脱毛、肝機能障害、皮層の発赤、手足症候群、下痢など。

1日あたりの薬剤費(保険適応前):1万8,188円

----------------------------

患者さんの闘病ブログがたくさん。
にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


がん・腫瘍 ブログランキングへ

ガイドブック差し上げます

  • この記事を書いた人
yuji-motomura

本村ユウジ

「がんの研究と、患者さんのサポート」を2008年から続けています。現在まで、3,000名を超えるがん患者さんやご家族をサポートしてきました。詳しいプロフィールはこちら。

-25.抗がん剤・分子標的薬

Copyright© 本村ユウジ公式サイト・ブログ , 2017 All Rights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。