25.抗がん剤・分子標的薬

抗がん剤の副作用「倦怠感」や「だるい症状」への対策

更新日:

抗がん剤の副作用「倦怠感」や「だるい症状」

抗がん剤治療中の人の多くが訴える症状の1つが、倦怠感です。

倦怠感とは、エネルギーの減少にともなう疲労や重苦しい感覚のことです。身体的なもの(だるい、疲れたなど)や、精神的なもの(集中できない、やる気が起きないなど)があります。症状が強まると起きていることが困難になり、日常生活に支障をきたします。

抗がん剤による倦怠感は、薬の作用が正常な細胞も破壊することで起こります。がんの進行度や患者さんの全身状態なども影響します。また治療回数を重ねるごとに、症状が重くなる傾向があるようです。

倦怠感に対しては、治療薬がなく、原因を取り除くことが唯一の方法になります。最近では、じっと横になっているより、軽く体を動かす方が、倦怠感が軽くなることが分かっています。できるだけ体を動かすよう努めることが大事です。

このサイトの管理者について

このサイトはがん治療専門のアドバイザー、本村ユウジが運営しています。

プロフィールはこちら

メールレター説明

本村ユウジのメールマガジン

ブログでは書けない「がん治療」に関する本音をメールで。全15回の読み切り型のメールマガジンです。すでに38,000名の方に読まれています。↓をクリックして登録すると、すぐに届きます。

必読の書!

ガイドブック「がんを完治させるための5つのルール」を無料で差し上げています


本村ユウジ責任編集。「がんと闘ううえで、絶対に外してはいけないポイント」を凝縮したガイドブックです。パソコンからでもスマホからでも読める電子ファイル(PDFファイル)なのですぐに読めます。


どんなガイドブックなのかの解説はこちらのページで。

がん治療で”絶対に”やってはいけないことは?

今すぐダウンロードして読みたい方は、こちらのボタンをクリックしてメールアドレスを登録してください。

kotira010

-25.抗がん剤・分子標的薬
-

Copyright© がん治療相談・本村ユウジ公式 , 2017 AllRights Reserved.