15.頭頸部のがん

頭頸部がん(咽頭がん・喉頭がんなど)に対する薬物療法(薬を使った治療)

投稿日:

頭頸部がん(咽頭がん・喉頭がんなど)に対する薬物療法

鼻や口、あご、耳、舌などにできるがんを総称して頭頸部がんといいます。様々なタイプがありますが、かかる人は女性より男性に多く、手術が主軸で薬物療法は補助的に行われます。

■薬物治療の現状と治療方針は?

頭頸部がんの治療方針は、がんがある場所によっても変わってきますが、多くの場合、手術が第1選択になります。

ただし、手術で声を失ったり、ものが食べられなくなったり、顔が変形したりすることがあり、患者さんのQOL(生活の質)の低下につながっていました。

最近ではこうした問題をできるだけ防ごうと、手術によって欠損した部分を形成外科医が修復する再建術(体のほかの場所から皮膚、骨などの組織を移植して修復)がとられるようになっています。

また、手術と比較して機能的な問題が少ないことから、放射線療法も広く行われるよう
になってきています。

薬物療法は、手術や放射線療法を補うために実施されます。手術前に行う導入化学療法(術前化学療法)と、放射線療法と並行して進める同時化学放射線療法(CCRT)があります。遠隔転移がある場合は、化学療法が単独で行われます。

■よく使われる薬

導入化学療法ではシスプラチンとフルオロウラシルの併用療法(CF療法)が標準治療ですが、これにドセタキセルを加えた「DCF療法」のほうが有効性は高いとされています。同時化学放射線療法、単独の化学療法では、シスプラチンが使われています。

以上、頭頸部がんの薬物療法についての解説でした。

がんと診断されたあと、どのような治療を選び、日常生活でどんなケアをしていくのかで、その後の人生は大きく変わります。

納得できる判断をするためには正しい知識が必要です。患者として、家族として必要な知識はこちらのガイドブックにまとめました。
がん治療で「絶対に」やってはいけないことは?

興味がある方は、ダウンロードして読んでみてください。

このサイトの管理者について

このサイトはがん治療専門のアドバイザー、本村ユウジが運営しています。

プロフィールはこちら

メールレター説明

本村ユウジのメールマガジン

ブログでは書けない「がん治療」に関する本音をメールで。全15回の読み切り型のメールマガジンです。すでに38,000名の方に読まれています。↓をクリックして登録すると、すぐに届きます。

必読の書!

ガイドブック「がんを完治させるための5つのルール」を無料で差し上げています


本村ユウジ責任編集。「がんと闘ううえで、絶対に外してはいけないポイント」を凝縮したガイドブックです。パソコンからでもスマホからでも読める電子ファイル(PDFファイル)なのですぐに読めます。


どんなガイドブックなのかの解説はこちらのページで。

がん治療で”絶対に”やってはいけないことは?

今すぐダウンロードして読みたい方は、こちらのボタンをクリックしてメールアドレスを登録してください。

kotira010

-15.頭頸部のがん

Copyright© がん治療相談・本村ユウジ公式 , 2017 AllRights Reserved.