09.子宮体がん

子宮体がんの術後再発リスク分類

投稿日:

子宮体がんの治療法

子宮体がんの手術後、再発のリスクがどれくらいあるのかは手術の結果によって分類されます。次のどの症状があるのかによって再発しやすい高リスク群なのか、それともやや低い中リスク群なのかを分類します。

・中リスク群

組織型が類内膜線がんで、分化度がG3(低分化型)で、筋層浸潤が1/2以内
組織型が類内膜腺がんで、筋層浸潤が1/2を超える
子宮頸部への浸潤あり
腹腔細胞診が暘性
脈管侵襲あり
組織型が漿液性腺がん、明細胞腺がんあるいは未分化がん
遠隔転移なし

・高リスク群

子宮付属器・漿膜・基靱帯への進展あり
膣壁への浸潤あり
骨盤内あるいは大動脈周囲のリンパ節への転移あり
膀胱・直腸への浸潤あり
腹腔内播種あり
遠隔転移あり

このサイトの管理者について

このサイトはがん治療専門のアドバイザー、本村ユウジが運営しています。

プロフィールはこちら

メールレター説明

本村ユウジのメールマガジン

ブログでは書けない「がん治療」に関する本音をメールで。全15回の読み切り型のメールマガジンです。すでに38,000名の方に読まれています。↓をクリックして登録すると、すぐに届きます。

必読の書!

ガイドブック「がんを完治させるための5つのルール」を無料で差し上げています


本村ユウジ責任編集。「がんと闘ううえで、絶対に外してはいけないポイント」を凝縮したガイドブックです。パソコンからでもスマホからでも読める電子ファイル(PDFファイル)なのですぐに読めます。


どんなガイドブックなのかの解説はこちらのページで。

がん治療で”絶対に”やってはいけないことは?

今すぐダウンロードして読みたい方は、こちらのボタンをクリックしてメールアドレスを登録してください。

kotira010

-09.子宮体がん

Copyright© がん治療相談・本村ユウジ公式 , 2017 AllRights Reserved.