04.大腸・直腸がん

KRAS遺伝子変異と抗EGFR抗体薬とは|大腸がん

投稿日:

KRAS遺伝子変異と抗EGFR抗体薬

抗子標的薬のセツキシマブ(アービタックス)とパニツムマブ(ベクティビックス)は、EGFR(上皮成長因子受容体)を標的とした「抗EGFR抗体薬」で、細胞増殖のシグナル伝達を遮断することで、がん細胞の増殖を抑えます。最近、抗EGFR抗体薬の効果はKRAS遺伝子に変異があるかどうかによって決まることが分かってきました。

KRAS遺伝子はがん遺伝子の1つで、正常細胞では細胞増殖を進めるアクセルの役目をしていますが、KRAS遺伝子に変異が起こるとそのアクセルが常にはたらき、大腸がんなどでがん細胞の増殖が進むとされます。

KRAS遺伝子に変異があると抗EGFR抗体薬の効果が期待できないのは、KRAS遺伝子はEGFRよりもシグナル伝達の下流にあるため、EGFRをブロックしても細胞増殖が進んでしまうためと考えられています。

----------------------------

闘病ブログはとても参考になると思います。
にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


がん・腫瘍 ブログランキングへ

ガイドブック

----------------------------

「いったい、どうすればがんを治せるのか?」

「誰が本当のことを言っているのか?」

と悩んでいるなら。

世に出ている本を片っ端から読んだり、夜遅くまでネットで検索する必要はありません。

たった30分、60ページのガイドブック【がんを完治させるための5つのルール】を読むだけで「がんに勝つために必要なこと」が分かります。

無料でプレゼントしていますので、下のボタンからメールアドレスをご登録ください。

ダウンロードあるいは郵送でお届けします。

yajirusi2

(※セキュリティ保護された登録ページに移ります)

人気の記事

1

終わりのない厳しい治療。消えない再発の恐れ。 人生を失うかもしれない、という焦り。 熟睡できない。ふいに心臓の鼓動が速くなる。不安で手足がピリピリする。 「心が ...

2

こんにちは。本村ユウジです。 私はどこにも属さない、中立的な立場のがん治療専門アドバイザーです。 医者同士が「がんは放置しろ」「いや、病院で治療すべきだ」と批判 ...

3

このたびは、妻のがんサポートにあたり、医学・栄養学・健康学というさまざまな分野を統合した、トータルサポートをいただき感謝の念にたえません。 おそらく、単なる病院 ...

-04.大腸・直腸がん

Copyright© 本村ユウジ公式サイト・ブログ , 2018 All Rights Reserved.