04.大腸・直腸がん

KRAS遺伝子変異と抗EGFR抗体薬とは|大腸がん

投稿日:

KRAS遺伝子変異と抗EGFR抗体薬

抗子標的薬のセツキシマブ(アービタックス)とパニツムマブ(ベクティビックス)は、EGFR(上皮成長因子受容体)を標的とした「抗EGFR抗体薬」で、細胞増殖のシグナル伝達を遮断することで、がん細胞の増殖を抑えます。最近、抗EGFR抗体薬の効果はKRAS遺伝子に変異があるかどうかによって決まることが分かってきました。

KRAS遺伝子はがん遺伝子の1つで、正常細胞では細胞増殖を進めるアクセルの役目をしていますが、KRAS遺伝子に変異が起こるとそのアクセルが常にはたらき、大腸がんなどでがん細胞の増殖が進むとされます。

KRAS遺伝子に変異があると抗EGFR抗体薬の効果が期待できないのは、KRAS遺伝子はEGFRよりもシグナル伝達の下流にあるため、EGFRをブロックしても細胞増殖が進んでしまうためと考えられています。

このサイトの管理者について

このサイトはがん治療専門のアドバイザー、本村ユウジが運営しています。

プロフィールはこちら

メールレター説明

本村ユウジのメールマガジン

ブログでは書けない「がん治療」に関する本音をメールで。全15回の読み切り型のメールマガジンです。すでに38,000名の方に読まれています。↓をクリックして登録すると、すぐに届きます。

必読の書!

ガイドブック「がんを完治させるための5つのルール」を無料で差し上げています


本村ユウジ責任編集。「がんと闘ううえで、絶対に外してはいけないポイント」を凝縮したガイドブックです。パソコンからでもスマホからでも読める電子ファイル(PDFファイル)なのですぐに読めます。


どんなガイドブックなのかの解説はこちらのページで。

がん治療で”絶対に”やってはいけないことは?

今すぐダウンロードして読みたい方は、こちらのボタンをクリックしてメールアドレスを登録してください。

kotira010

-04.大腸・直腸がん

Copyright© がん治療相談・本村ユウジ公式 , 2017 AllRights Reserved.