03.胃がん

スキルス胃がんの5年生存率は?

更新日:

sukirus

スキルス胃がんの5年生存率はわずか20%程度と、普通の胃がんと比べるととても低い数字になっています。スキルスとは"硬い”という意味です。胃壁内部に浸潤して広がり、最後は胃全体が硬く大きながんになります。胃がんの約10%を占めます。がんと診断されたときには、多くが進行がんや末期がんの状態であり、最近の検査技術のアップによってもなお々早期発見は困難です。

発見したときには胃全体に広がっていることが多いため、少し前までは進行したスキルス胃がんには「拡大手術」が行われていました。拡大手術とは胃をすべて切除、膵臓の一部も切除、脾臓、胆のう、副腎、横行結腸なども切除するとても大きな手術です。

しかしそれでも転移が起きやすいため、手術だけでは厳しいという風潮が高まり、現在では他のタイプの胃がんと同じように抗がん剤のTS-1、TS-1+CDDPを使用することが多くなっています。

また、手術の後に抗がん剤を行う方法だけでなく、手術の前に抗がん剤治療を行ったり、放射線治療を併用したりする治療法も検証が進められています。

それでも従来の方法の組み合わせにしかすぎず、標準治療以外の方法の模索が続いています。

以上、スキルス胃がんについての解説でした。

がんと診断されたあと、どのような治療を選び、日常生活でどんなケアをしていくのかで、その後の人生は大きく変わります。

納得できる判断をするためには「正しい知識」が必要です。患者として、家族として必要な知識はこちらのガイドブックにまとめました。
がん治療で「絶対に」やってはいけないことは?

興味がある方は、ダウンロードして読んでみてください。

----------------------------

患者さんの闘病ブログがたくさん。
にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


がん・腫瘍 ブログランキングへ

ガイドブック差し上げます

  • この記事を書いた人
yuji-motomura

本村ユウジ

「がんの研究と、患者さんのサポート」を2008年から続けています。現在まで、3,000名を超えるがん患者さんやご家族をサポートしてきました。詳しいプロフィールはこちら。

-03.胃がん
-,

Copyright© 本村ユウジ公式サイト・ブログ , 2017 All Rights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。