05.肺がん

非小細胞肺がんの薬物療法(化学療法)とは?

投稿日:

非小細胞肺がんの薬物療法(化学療法)

肺がんは大きく「非小細胞がん」と「小細胞がん」に分かれれます。それぞれ使われる薬が異なります。

このうち非小細胞がんではさらに「非扁平上皮がん」と「扁平上皮がん」で分けられます。ゲフィチニブ、ペメトレキセド、ベバシズマブ(アバスチン)、クリゾチニブは非扁平上皮がんが対象となる薬です。

■非扁平上皮がんで使われる薬

EGFRの遺伝子に変異があるかどうかで使う薬や計画が違ってきます。EGFR陽性の人では、初回治療でゲフィチニブかエルロチニブの単独療法、もしくはプラチナ製剤併用療法が選ばれます。

どれを先に選んでもよいとされ、患者さんのライフスタイルや価値観、体調などに応じて決められます。多くの場合、「ゲフィチニブ単独療法」が選ばれます。プラチナ製剤併用療法では、「シスプフラチン+ペメトレキセド療法」が初回治療になっています。

初回治療の効果がなくなったときの2次治療では、初回にゲフィチニブを使わなかった人はゲフィチニブ、使った人は「シスプラチン+ペメトレキセド療法」もしくは「パクリタキセル+カルボプラチン+ベバシズマブ療法」が選ばれます。

ペメトレキセドは維持療法でも注目されています。海外の臨床試験で、プラチナ製剤併用療法後に、引き続きペメトレキセドを投与した群では、非扁平上皮がんでは無増悪生存期間を延長したとの結果が出ました。

EGFR陰性の人はALKの検査をすることが推奨されています。ALK陽性の場合はクリゾチニブが用いられます。ALKも陰性の人は、「シスプラチン+ペメトレキセド療法」や「パクリタキセル+カルボプラチン+ベバシズマブ療法」が選択されます。

高齢者では毒性の少ない単剤治療が標準的で、よく使われるのは「ドセタキセル単独療法」などです。

■扁平上皮がんで使われる薬

「パクリタキセル+カルボプラチン療法」または「シスプラチン+ゲムシタビン療法」が標準的治療です。

以上、非小細胞肺がんで使われる薬についての解説でした。

がんと診断されたあと、どのような治療を選び、日常生活でどんなケアをしていくのかで、その後の人生は大きく変わります。

納得できる判断をするためには正しい知識が必要です。患者として、家族として必要な知識はこちらのガイドブックにまとめました。
がん治療で「絶対に」やってはいけないことは?

興味がある方は、ダウンロードして読んでみてください。

このサイトの管理者について

このサイトはがん治療専門のアドバイザー、本村ユウジが運営しています。

プロフィールはこちら

メールレター説明

本村ユウジのメールマガジン

ブログでは書けない「がん治療」に関する本音をメールで。全15回の読み切り型のメールマガジンです。すでに38,000名の方に読まれています。↓をクリックして登録すると、すぐに届きます。

必読の書!

ガイドブック「がんを完治させるための5つのルール」を無料で差し上げています


本村ユウジ責任編集。「がんと闘ううえで、絶対に外してはいけないポイント」を凝縮したガイドブックです。パソコンからでもスマホからでも読める電子ファイル(PDFファイル)なのですぐに読めます。


どんなガイドブックなのかの解説はこちらのページで。

がん治療で”絶対に”やってはいけないことは?

今すぐダウンロードして読みたい方は、こちらのボタンをクリックしてメールアドレスを登録してください。

kotira010
  • この記事を書いた人
yuji-motomura

本村ユウジ

「がんの研究と、患者さんのサポート」を2008年から続けています。現在まで、3,000名を超えるがん患者さんやご家族をサポートしてきました。詳しいプロフィールはこちら。

-05.肺がん
-

Copyright© がん治療相談・本村ユウジ公式 , 2017 All Rights Reserved.