02.がんについて

抗がん剤が効かなくなる「耐性」とは?

投稿日:

抗がん剤が効かなくなる「耐性」

抗がん剤・分子標的薬などを使った薬物療法によって根治や寛解が期待できるがんが出てきたとはいえ、その割合はまだ低く、薬物療法の主要な目的は「進行を遅らせること」になります。

それが期待できるがんには、乳がん、卵巣がん、多発性骨髄腫、腎がん、慢性骨髄性白血病などがあります。

ただ、問題もあります。進行を遅らせてくれる抗がん剤も、いつか効かなくなる日がくることです。これを「がんが薬剤耐性をもつ」といいます。

耐性が出てくるのは、ある抗がん剤を使いつづけていると、がん細胞自身が身を守るため抗酸化や解毒に関する遺伝子を発現させ、その薬の作用を抑える物質が細胞内につくられるようになるためと考えられています。対ウイルス向けの抗菌薬が効かなくなる耐性菌が問題になりますが、抗がん剤でも同じようなことが起こるのです。

耐性の出現は、抗がん剤治療を受けている人にとっては、薬物療法を中止せざるを得ない大きな原因になります。逆に、耐性が出てこず、体に負担の少ない抗がん剤治療が続けられれば、長く薬をつかってがんを抑えることができます。こうした「がんと共存する」ための薬物療法の研究も進められています。

以上、がんの薬物療法についての解説でした。

がんと診断されたあと、どのような治療を選び、日常生活でどんなケアをしていくのかで、その後の人生は大きく変わります。

納得できる判断をするためには正しい知識が必要です。患者として、家族として必要な知識はこちらのガイドブックにまとめました。
がん治療で「絶対に」やってはいけないことは?

興味がある方は、ダウンロードして読んでみてください。

このサイトの管理者について

このサイトはがん治療専門のアドバイザー、本村ユウジが運営しています。

プロフィールはこちら

メールレター説明

本村ユウジのメールマガジン

ブログでは書けない「がん治療」に関する本音をメールで。全15回の読み切り型のメールマガジンです。すでに38,000名の方に読まれています。↓をクリックして登録すると、すぐに届きます。

必読の書!

ガイドブック「がんを完治させるための5つのルール」を無料で差し上げています


本村ユウジ責任編集。「がんと闘ううえで、絶対に外してはいけないポイント」を凝縮したガイドブックです。パソコンからでもスマホからでも読める電子ファイル(PDFファイル)なのですぐに読めます。


どんなガイドブックなのかの解説はこちらのページで。

がん治療で”絶対に”やってはいけないことは?

今すぐダウンロードして読みたい方は、こちらのボタンをクリックしてメールアドレスを登録してください。

kotira010

-02.がんについて

Copyright© がん治療相談・本村ユウジ公式 , 2017 AllRights Reserved.