16.前立腺がん

前立腺がん骨転移の場合の治療法とは

投稿日:

前立腺がん骨転移の場合の治療法

前立腺がんが進行すると周辺の器官(膀胱など)や骨に転移することがあります。

前立腺がんで転移の8割を占めるのが骨であり、前立腺がんの化学療法の中心であるホルモン療法の副作用では骨粗しょう症が起きやすいので骨に対する対処はとても重要なポイントになります。

ホルモン療法は前立腺がんと診断されてから長く使う可能性が高い治療法ですし、骨転移のリスクと併せて骨がもろくなることや、骨折などに対して注意を払うことが求められます。

■骨転移が起きたときの治療法

前立腺がんが骨転移をしたときは、「前立腺がん向けの化学療法+骨転移向けの化学療法」という複合した化学療法が行われます。

具体的に「骨転移向けの化学療法」で使われる薬はゾメタとランマークです。

ゾメタはあらゆる種類のがんの骨転移に対して長く使われている薬です。ゾメタは骨を丈夫にするビスホスホネート系と呼ばれる種類の薬です。主に痛みの軽減や骨折の予防が目的の薬であり、いわゆる毒性をもってがんを攻撃する「抗がん剤」ではありません。

いっぽう、ランマークは「分子標的薬」といわれるタイプの薬です。骨の破壊を活性化させるタンパクに作用し、骨の破壊や骨転移の進行を遅らせる作用がある薬です。

前立腺がんの骨転移を遅らせる効果があることは臨床試験で判明して承認されていますが、いっぽうで副作用として顎骨壊死(がっこつえし)という症状が起きることがあります。
ランマークは骨の代謝が活発な部位で濃度が上がるため、常に刺激を受けるアゴの骨は影響を受けやすいという特性があります。そのため口腔内に虫歯や歯肉炎など衛生状態が悪化していると感染症が起こり、最悪の場合、アゴの骨が壊死してしまうのです。

そのためランマークを受ける前に口腔外科などで虫歯の治療など口腔内のケアを受けるように求められます。口腔内の状況が悪く、短期間で改善できない場合はランマークの使用を見送られることもあります。

以上、前立腺がんの骨転移に関する解説でした。

前立腺がんと診断されたあと、どのような治療を選び、日常生活でどんなケアをしていくのかで、その後の人生は大きく変わります。

納得できる判断をするためには正しい知識が必要です。患者として、家族として必要な知識はこちらのガイドブックにまとめました。
がん治療で「絶対に」やってはいけないことは?

興味がある方は、ダウンロードして読んでみてください。

このサイトの管理者について

このサイトはがん治療専門のアドバイザー、本村ユウジが運営しています。

プロフィールはこちら

メールレター説明

本村ユウジのメールマガジン

ブログでは書けない「がん治療」に関する本音をメールで。全15回の読み切り型のメールマガジンです。すでに38,000名の方に読まれています。↓をクリックして登録すると、すぐに届きます。

必読の書!

ガイドブック「がんを完治させるための5つのルール」を無料で差し上げています


本村ユウジ責任編集。「がんと闘ううえで、絶対に外してはいけないポイント」を凝縮したガイドブックです。パソコンからでもスマホからでも読める電子ファイル(PDFファイル)なのですぐに読めます。


どんなガイドブックなのかの解説はこちらのページで。

がん治療で”絶対に”やってはいけないことは?

今すぐダウンロードして読みたい方は、こちらのボタンをクリックしてメールアドレスを登録してください。

kotira010
  • この記事を書いた人
yuji-motomura

本村ユウジ

「がんの研究と、患者さんのサポート」を2008年から続けています。現在まで、3,000名を超えるがん患者さんやご家族をサポートしてきました。詳しいプロフィールはこちら。

-16.前立腺がん
-

Copyright© がん治療相談・本村ユウジ公式 , 2017 All Rights Reserved.