11.腎臓がん

腎臓がんの5年生存率は?

腎臓がんの5年生存率は?

腎臓がんの初期治療開始からの5年生存率はステージごとにこのように統計がとられています。

■腎臓がん5年生存率

ステージⅠ:90~95%
ステージⅡ:70~80%
ステージⅢ:60~70%
ステージⅣ:0~35%
静脈壁に直接浸潤を認める場合:25%
所属リンパ節転移を認める場合:5~30%
遠隔転移を認める場合:5~30%

ステージごとの数値はもとより、全身状態の低下やがん性悪液質がある場合の生存率は低下する傾向にあります。

また、貧血や血小板増多など全身性の炎症反応は予後不良の原因となります。中でも、C反応性タンパク(CRP)は代表的な急性相反応物質であり、腎臓がんの強力な予後因子となることがわかっています。また、CRP値は腎臓がんの腫瘍マーカーとしてとらえられる場合もあります。

メールレター説明

本村ユウジのメールマガジン

ブログでは書けない「がん治療」に関する本音をメールで。全15回の読み切り型のメールマガジンです。↓をクリックして登録すると、すぐに届きます。

ガイドブックをプレゼント!


「がんを完治させるための5つのルール」とは・・・


本村ユウジ責任編集。「がんと闘ううえで、絶対に外してはいけないポイント」を凝縮したガイドブックです。パソコンからでもスマホからでも読める電子ファイル(PDFファイル)なのですぐに読めます。

どんなガイドブックなのかの解説はこちらのページで。
がん治療で”絶対に”やってはいけないことは?

今すぐダウンロードして読みたい方は、こちらのボタンをクリックしてメールアドレスを登録してください。
kotira010

-11.腎臓がん