11.腎臓がん

腎臓がんの標準的な治療方法とは?

投稿日:

腎臓がんの標準的な治療方法

■限局性腎臓がんに対する標準的治療

腎臓がんでは外科的切除(手術)が唯一の根治的な治療法だといえます。なお、転移のない限局性腎臓がんにおいては腎臓の部分切除が根治的腎摘出(全摘)と比較し、ほぼ同等の効果があるとされています。

また、腎臓の部分切除の場合、手術後にも腎機能の温存が期待されることより、サイズの小さい限局性腎臓がんにおいては、部分切除が標準術式として提唱されています。

1.部分切除とは?

早期(分類でいうとT1aなどの小さい腫瘍)の腎臓がんに対する標準的術式となってきている。T2の腎臓がんでは腫瘍の部位により、部分切除も選択肢の1つとなります。

2.腎臓の全摘出

限局性腎臓がんにおいて、部分切除の適応とならない場合には、全摘出が行われるのが標準的な治療です。

■局所進行性腎臓がんに対する標準的治療

部分切除は対象外となり、おのずと全摘出が標準治療となります。

■転移性腎臓がん(転移のある腎臓がん)に対する標準的治療

1.腎臓摘出

腎臓がんでは転移がある場合でも手術が検討されることがあります。手術を先に行ってからインターフェロンα治療を行うと、インターフェロンα単独療法と比較し、生存期間が約6カ月延長するとうデータがあるからです。

2.転移巣切除

手術可能な転移巣に対しても外科的切除が検討されることがあります。

3.放射線照射

脳転移、骨転移の症状緩和目的で行われます。

4.化学療法(分子標的治療薬)

従来の抗がん剤ではなく、がん細胞の特徴に絞って増殖を阻害する「分子標的治療薬」の腎臓がんに対する有効性が示され、化学療法の第1選択薬となっています。スーテントやヴォトリエントなどの薬がよく使われます。

5.化学療法(サイトカイン療法)

分子標的薬の登場により、インターフェロンα、インターロイキン-2などのサイトカイン療法は、一部の腎臓がん(淡明細胞がんで全身状態良好)でのみ推奨されています。分子標的薬であるアバスチン(ベバシズマブ)とインターフェロンαの併用療法は低リスク、および中間リスクの場合に第1選択薬となることがあります。

以上、腎臓がんについての解説でした。

腎臓がんと診断されたあと、どのような治療を選び、日常生活でどんなケアをしていくのかで、その後の人生は大きく変わります。

納得できる判断をするためには正しい知識が必要です。患者として、家族として必要な知識はこちらのガイドブックにまとめました。
がん治療で「絶対に」やってはいけないことは?

興味がある方は、ダウンロードして読んでみてください。

このサイトの管理者について

このサイトはがん治療専門のアドバイザー、本村ユウジが運営しています。

プロフィールはこちら

メールレター説明

本村ユウジのメールマガジン

ブログでは書けない「がん治療」に関する本音をメールで。全15回の読み切り型のメールマガジンです。すでに38,000名の方に読まれています。↓をクリックして登録すると、すぐに届きます。

必読の書!

ガイドブック「がんを完治させるための5つのルール」を無料で差し上げています


本村ユウジ責任編集。「がんと闘ううえで、絶対に外してはいけないポイント」を凝縮したガイドブックです。パソコンからでもスマホからでも読める電子ファイル(PDFファイル)なのですぐに読めます。


どんなガイドブックなのかの解説はこちらのページで。

がん治療で”絶対に”やってはいけないことは?

今すぐダウンロードして読みたい方は、こちらのボタンをクリックしてメールアドレスを登録してください。

kotira010
  • この記事を書いた人
yuji-motomura

本村ユウジ

「がんの研究と、患者さんのサポート」を2008年から続けています。現在まで、3,000名を超えるがん患者さんやご家族をサポートしてきました。詳しいプロフィールはこちら。

-11.腎臓がん
-

Copyright© がん治療相談・本村ユウジ公式 , 2017 All Rights Reserved.