10.肝臓がん

肝臓がんと腹水・胸水・浮腫

肝臓がんと腹水・胸水・浮腫

肝臓がんが進行した場合、腹水や胸水がたまるようになります。

これはおもに、肝臓の機能が低下して、血液中のたんぱく質の濃度が低くなると、血液中の水分が血管壁から外(腹の中)へとしみ出すためとみられます。

胸に水がたまる胸水、それに脚に水がたまる浮腫も、同じ原因で生じます。腹水は多いときには数リットルにも達し、腹部がカエルの腹のようにふくれ上がることもあります。

腹水がたまると、細菌性の腹膜炎を起こすおそれがあります。この場合は、発熱、腰痛、腹部圧痛などの症状をともなうこともありますが、無症状のうちに進行することも少なくありません。

メールレター説明

本村ユウジのメールマガジン

ブログでは書けない「がん治療」に関する本音をメールで。全15回の読み切り型のメールマガジンです。↓をクリックして登録すると、すぐに届きます。

ガイドブックをプレゼント!


「がんを完治させるための5つのルール」とは・・・


本村ユウジ責任編集。「がんと闘ううえで、絶対に外してはいけないポイント」を凝縮したガイドブックです。パソコンからでもスマホからでも読める電子ファイル(PDFファイル)なのですぐに読めます。

どんなガイドブックなのかの解説はこちらのページで。
がん治療で”絶対に”やってはいけないことは?

今すぐダウンロードして読みたい方は、こちらのボタンをクリックしてメールアドレスを登録してください。
kotira010

-10.肝臓がん