05.肺がん

肺がんかどうかを判断するための病理生検(病理検査)とは

更新日:

肺がん病理生検

胸部エックス線検査や喀疾検査などの1次検診で異常がみつかった場合、その異常個所、つまり「がんと疑われる部位」を直接みて、病変があれば採取し、それを顕微鏡で詳しく観察してがんかどうかを確認します。これを病理生検といいます(病理検査)。この病理生検には、気管支鏡を使います。

■気管支鏡を使った検査とは

気管支鏡とは肺の内視鏡で、細い胃カメラのようなものです。肺の内部が観察でき、病変がある場合は、その部位を採取することができます。気管支鏡による検査は外来でもお
こなうことが可能です。所要時間は5~10分です。

気管支鏡検査をおこなうときは、まず検査前にのどや気管にスプレーで局所麻酔をします。つぎに、鼻や口から「気管支ファイバー」をゆっくり挿入し、気管や気管支まで入れます。

病理生検をおこなうときは、気管支鏡のなかに通したブラシのような器具で病変部位(がんがあると疑われる部分)をこすりとったり、細長い針で吸引したり、鉗子で摘みとったりします。こうして採取した病変を、顕微鏡で詳しく観察して確定診断をおこないます。

■蛍光気管支検査とは

早期の肺がんは喀痰(かったん)検査で異常があっても、気管支鏡でみることができないこともあります。こういうときは特殊な青色のレーザーをあてると、病変がある部位だけが暗くみえ、確認することができる蛍光気管支鏡検査をおこなうことがあります。

なお、気管支鏡は直径6mm程度と太いため、複雑で細かく入り組んだ肺に挿入できる範囲はかぎられます。肺門型の太い気管や気管支を検査するときはそれほど問題ないのですが、肺野型で肺の奥深くは観察しにくく、からだに負担がかかります。

このようなことから、気管支鏡で病理生検がうまくいかない場合は経気管支擦過細胞診や気管支洗浄、経皮的肺針生検などをおこなって確認します。

「※経気管支擦過細胞診」
気管支鏡でみえる範囲よりも遠く(末梢)に病巣がある場合に、X線透視のもと、気管支鏡で気管支をのぞきながら病巣部位の細胞をこすりとって検査すること。

「※気管支洗浄」
痰の排出が困難な場合に、気管のなかを生理食塩水で洗浄すること。気管支を洗浄することによって、気管支のなかの細菌や肺の状態を調べる。

「※経皮的肺針生検」
胸部X線や超音波検査で肺のなかに病変が確認できるものの、胸壁に近く小さいときに、皮膚から針を刺して、肺のなかにある病巣から細胞を採取する検査のこと。

以上、肺がんの検査についての解説でした。

肺がんと診断されたあと、どのような治療を選び、日常生活でどんなケアをしていくのかで、その後の人生は大きく変わります。

納得できる判断をするためには正しい知識が必要です。

⇒ がんを治すための「たった1つの条件」とは?

----------------------------

闘病ブログはとても参考になると思います。
にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


がん・腫瘍 ブログランキングへ

ガイドブック

----------------------------

「いったい、どうすればがんを治せるのか?」

「誰が本当のことを言っているのか?」

と悩んでいるなら。

世に出ている本を片っ端から読んだり、夜遅くまでネットで検索する必要はありません。

たった30分、60ページのガイドブック【がんを完治させるための5つのルール】を読むだけで「がんに勝つために必要なこと」が分かります。

無料でプレゼントしていますので、下のボタンからメールアドレスをご登録ください。

ダウンロードあるいは郵送でお届けします。

yajirusi2

(※セキュリティ保護された登録ページに移ります)

人気の記事

1

終わりのない厳しい治療。消えない再発の恐れ。 人生を失うかもしれない、という焦り。 熟睡できない。ふいに心臓の鼓動が速くなる。不安で手足がピリピリする。 「心が ...

2

こんにちは。本村ユウジです。 私はどこにも属さない、中立的な立場のがん治療専門アドバイザーです。 医者同士が「がんは放置しろ」「いや、病院で治療すべきだ」と批判 ...

3

このたびは、妻のがんサポートにあたり、医学・栄養学・健康学というさまざまな分野を統合した、トータルサポートをいただき感謝の念にたえません。 おそらく、単なる病院 ...

-05.肺がん
-

Copyright© 本村ユウジ公式サイト・ブログ , 2018 All Rights Reserved.