03.胃がん

スキルス胃がんが早期発見しにくいのはなぜか

投稿日:

スキルス胃がん早期発見

スキルス胃がんは、見つかったときには手遅れであることが多く、進行の早いがんとして恐れられています。

医師の中にも、スキルスの早期発見・早期治療は無理だという人がいますが、実は、スキルスでも内視鏡検査によって、早い段階で見つけることができます。胃がんの約5~10%がこのスキルスもしくはスキルスに発展するがんで、一般的な胃がんのように粘膜の表面には表れず、胃壁の中に広がっていくので、「バリウムを使ったレントゲン検査でしか発見できない」というのが定説のようになっています。

しかし、本当に早期の段階は、内視鏡でしか発見できないといえます。バリウムで発見できる大きさになったときには、すでに手遅れということも少なくありません。

スキルスというのは、確かに胃の粘膜の下に潜ってぱらぱらと広がっていくのですが、内視鏡で注意深く見ると、潜っていても表面からうっすらと黄色く見えるので早期発見が可能だという医師もいます。もちろん、この時期にはバリウム検査では発見できません。ただし、このスキルスを早期に見つけるには、内視鏡検査を行う医師の技術と経験が重要だといえます。

凹凸なく、形も不確かな早期スキルス胃がんは内視鏡でしか見つけることができません。あやしいと思った場所に薬液を吹き付けると、色や粘膜の変化でがんがあるかどうか確認できることもあります。ただし、どういう状態が早期のスキルス胃がんなのか、まったく分からない医師には、どんなに高性能な内視鏡を使っても、早期スキルス胃がんは発見できません。

内視鏡検査をかなりたくさんやっていて、このタイプのがんを見つけた経験がある医師でなければ、すでに手遅れになっているスキルス胃がんでも見落とされることがあります。
こういった進行の早いがんを早く見つけてもらうためにも、内視鏡検査を受けるときには、技術が高く、経験豊富な医師を選ぶ必要があります。

以上、スキルス胃がんについての解説でした。

スキルス胃がんと診断されたあと、どのような治療を選び、日常生活でどんなケアをしていくのかで、その後の人生は大きく変わります。

納得できる判断をするためには正しい知識が必要です。患者として、家族として必要な知識はこちらのガイドブックにまとめました。
がん治療で「絶対に」やってはいけないことは?

興味がある方は、ダウンロードして読んでみてください。

このサイトの管理者について

このサイトはがん治療専門のアドバイザー、本村ユウジが運営しています。

プロフィールはこちら

メールレター説明

本村ユウジのメールマガジン

ブログでは書けない「がん治療」に関する本音をメールで。全15回の読み切り型のメールマガジンです。すでに38,000名の方に読まれています。↓をクリックして登録すると、すぐに届きます。

必読の書!

ガイドブック「がんを完治させるための5つのルール」を無料で差し上げています


本村ユウジ責任編集。「がんと闘ううえで、絶対に外してはいけないポイント」を凝縮したガイドブックです。パソコンからでもスマホからでも読める電子ファイル(PDFファイル)なのですぐに読めます。


どんなガイドブックなのかの解説はこちらのページで。

がん治療で”絶対に”やってはいけないことは?

今すぐダウンロードして読みたい方は、こちらのボタンをクリックしてメールアドレスを登録してください。

kotira010
  • この記事を書いた人
yuji-motomura

本村ユウジ

「がんの研究と、患者さんのサポート」を2008年から続けています。現在まで、3,000名を超えるがん患者さんやご家族をサポートしてきました。詳しいプロフィールはこちら。

-03.胃がん
-

Copyright© がん治療相談・本村ユウジ公式 , 2017 All Rights Reserved.