03.胃がん

早期胃がんとは?進行胃がんとは?

胃壁の構造

胃の壁の厚さはおよそ7~8mmで、内側の粘膜層から始まって、粘膜筋板、粘膜下層、固有筋層、漿膜下層、漿膜の6層からなっています。

そして、大腸がんや食道がんなどほかの消化器のがんも同じですが、胃がんの場合、どの層までがんが達しているかによって早期がんと進行がんとを区別しています。どの層までがんが潜っているかその「深達度」によって、必要な治療も変わってくるのです。

がんが、胃の壁の1番浅い粘膜層、あるいは粘膜下層までしか達していなければ「早期がん」、固有筋層より深いところまでがんが達していれば「進行がん」と呼ばれます。

どの層まで達しているかが問題であってこの場合、大きさは関係ありません。どんなに大きくても粘膜下層にとどまっているがんであれば早期がんですし、たとえ1cmでも、固有筋層まで達していれば進行がんなのです。

粘膜下層までであれば、胃の近くのリンパ節やほかの臓器へがんが転移している危険性はかなり少ないのですが、固有筋層より深いところにがんがある場合には、転移の危険性が大きくなります。転移があるかどうかによっても、治療の方法は変わってきます。

以上、胃がんについての解説でした。

胃がんと診断されたあと、どのような治療を選び、日常生活でどんなケアをしていくのかで、その後の人生は大きく変わります。

納得できる判断をするためには正しい知識が必要です。患者として、家族として必要な知識はこちらのガイドブックにまとめました。
がん治療で「絶対に」やってはいけないことは?

興味がある方は、ダウンロードして読んでみてください。

メールレター説明

本村ユウジのメールマガジン

ブログでは書けない「がん治療」に関する本音をメールで。全15回の読み切り型のメールマガジンです。↓をクリックして登録すると、すぐに届きます。

ガイドブックをプレゼント!


「がんを完治させるための5つのルール」とは・・・


本村ユウジ責任編集。「がんと闘ううえで、絶対に外してはいけないポイント」を凝縮したガイドブックです。パソコンからでもスマホからでも読める電子ファイル(PDFファイル)なのですぐに読めます。

どんなガイドブックなのかの解説はこちらのページで。
がん治療で”絶対に”やってはいけないことは?

今すぐダウンロードして読みたい方は、こちらのボタンをクリックしてメールアドレスを登録してください。
kotira010

-03.胃がん
-