17.膵臓がん

手術ができない場合の膵臓がんの治療法

投稿日:

ゲムシタビン(ジェムザール)

膵臓がんで手術ができないと診断された場合、化学療法(抗がん剤など薬をつかった治療)を単独で行うか、放射線治療と組み合わせて行います。

化学療法では抗がん剤の効果を高めるため、膵臓に至る血管に直接抗がん剤を注入する「動注法」を施行する医療施設もあります。膵臓がんに対して、抗がん剤はこれまで代謝拮抗剤のフルオロウラシル(5-FU)が中心に用いられてきました。

しかし、この薬はそれほど治療効果が高くなく、がんが半分以下に縮小する割合(奏効率)は患者の10~20パーセントにすぎません。これに対して近年は、同じ代謝拮抗剤のゲムシタビン(ジェムザール)がおもに用いられるようになっています。

ゲムシタビンの奏功率はフルオロウラシルとそれほど変わらないものの、投与によって痛みが和らぐと報告されています。また、フルオロウラシルのみで1年以上生存する例はきわめてまれでしたが、ゲムシタビンを使用した場合、患者の約20パーセントが1年以上生存するとの報告があります。

膵臓がんに対してはこの他、フルオロウラシル系の混合薬剤TS1やプラチナ製剤のシスプラチン、植物アルカロイドのイリノテカン、新しい免疫療法薬のビルリジンなどが、単独、もしくは他の薬と組み合わせて使用されています。

また、血管新生阻害剤ベバシズマブも治療効果が期待されています。しかし、化学療法や放射線治療に患者の体が耐えられないと考えられるときは、黄疸の治療や痛みの治療が中心になります。

以上、膵臓がんについての解説でした。

膵臓がんと診断されたあと、どのような治療を選び、日常生活でどんなケアをしていくのかで、その後の人生は大きく変わります。

納得できる判断をするためには正しい知識が必要です。患者として、家族として必要な知識はこちらのガイドブックにまとめました。
がん治療で「絶対に」やってはいけないことは?

興味がある方は、ダウンロードして読んでみてください。

このサイトの管理者について

このサイトはがん治療専門のアドバイザー、本村ユウジが運営しています。

プロフィールはこちら

メールレター説明

本村ユウジのメールマガジン

ブログでは書けない「がん治療」に関する本音をメールで。全15回の読み切り型のメールマガジンです。すでに38,000名の方に読まれています。↓をクリックして登録すると、すぐに届きます。

必読の書!

ガイドブック「がんを完治させるための5つのルール」を無料で差し上げています


本村ユウジ責任編集。「がんと闘ううえで、絶対に外してはいけないポイント」を凝縮したガイドブックです。パソコンからでもスマホからでも読める電子ファイル(PDFファイル)なのですぐに読めます。


どんなガイドブックなのかの解説はこちらのページで。

がん治療で”絶対に”やってはいけないことは?

今すぐダウンロードして読みたい方は、こちらのボタンをクリックしてメールアドレスを登録してください。

kotira010

-17.膵臓がん
-

Copyright© がん治療相談・本村ユウジ公式 , 2017 AllRights Reserved.