14.膀胱がん

膀胱がんの自覚症状は血尿から

投稿日:

膀胱がん自覚症状 血尿

膀胱がんの最初の自覚症状は血尿です。

血尿とは通常尿中には存在しない赤血球が尿に混じるものです。尿が目で見でわかるほど赤くなった状態を「肉眼的血尿」と呼びます。

一方、肉眼ではわからないレベルの血尿を「顕微鏡的血尿」と呼びます。もちろん血尿の原因はさまざまで、多くは膀胱炎や結石などによります。しかしときには、膀胱がんが原因で起こる血尿もあります。

ある統計は、肉眼的血尿のうちの15パーセントが膀胱がんによることを示しています。膀胱炎と違うのは、膀胱がんの多くは、排尿時に痛みがないことです。80パーセントは血尿が唯一の自覚症状ですが、数日で血尿が止まったり、最初から血尿が出ない症例もあり、そのため自分では、なかなかがんと気づきません。

がんが進むと、排尿の回数が増える、排尿時に尿道などに灼熱感(焼けるような痛み)がある、尿意はあるが排尿できない、などの症状が現れます。がんが広がって尿管の出口をふさぐと、尿が膀胱に流れ込むことができなくなって、尿管や腎臓(の内部の腎盂)がふくれてくる「水腎症」となり、また背中に痛みが生じることもあります。

----------------------------

患者さんの闘病ブログがたくさん。
にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


がん・腫瘍 ブログランキングへ

ガイドブック差し上げます

  • この記事を書いた人
yuji-motomura

本村ユウジ

「がんの研究と、患者さんのサポート」を2008年から続けています。現在まで、3,000名を超えるがん患者さんやご家族をサポートしてきました。詳しいプロフィールはこちら。

-14.膀胱がん
-

Copyright© 本村ユウジ公式サイト・ブログ , 2017 All Rights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。