02.がんについて

がん細胞が新しい血管を作る「血管新生」とは?

投稿日:

kekkan872432

私たちがケガをして出血したときや、女性の月経時などには、損傷した血管を修復するために、体は新しい血管をつくります。しかし、これらの例外を別とすれば、成人の体が新しい血管をつくることはまれです。

ところが体内にがんができると、がんは、近くの血管から自分のところまで専用の血管を引いてくるという能力を発揮します。この現象を「血管新生」といい、こうしてつくられた血管を「新生血管」と呼びます。

がんはなぜこんなことができるのでしょうか。がん細胞は際限なく増殖するため、正常な細胞よりも大量の栄養と酸素を必要とします。ところが、がん細胞のかたまりが直径1ミリ程度以上になると、その内部に酸素や栄養が十分に届かなくなり、がん細胞は生きていくことが難しくなります。

そこでがん細胞は、自分で血管の壁の増殖をうながす化学物質(血管成長因子サイトカイン)をつくって分泌します。すると、この物質を受けとった近くの血管から、がんに向けて血管の材料となる細胞が流れ出し、がんとの間を結ぶ微小血管をつくり始めます。こうして新しい血管が生まれ、がんはいっそう増殖するようになるのです。

近年、この驚くべき現象を逆に利用して、がんを殺そうとするがん治療薬が登場しています。「血管新生阻害剤」です。例えば「エンドスタチン」や「アンギオスタチン」などの薬です。かつて重大な薬害を起こした鎮静薬「サリドマイド」にも、血管の新生を抑える効果があることが分かっています。

たった1つの条件とは

本村ユウジ
こんにちは。がん治療専門アドバイザー、本村です。

私は10年間で4,300名のがん患者さんをサポートしてきました

がんは、とても厳しい病気です。

しかし、手の打ちようがない病気ではありません。

「抗がん剤を断りましたが、今も元気です」

「がんが消えたようです」など、多数の患者さんの声を掲載しています。

無料の小冊子もプレゼントしていますので、闘病の参考にしていただければと思います。

詳しくはこちらのページで。

 → がんを治すための「たった1つの条件」とは?


 

闘病ブログはとても参考になると思います。
にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村

5つのルール

--- --- --- --- --- --- --- --- --- ---

「いったい、どうすればがんを治せるのか?」

「誰が本当のことを言っているのか?」

と悩んでいるなら。

世に出ている本を片っ端から読んだり、夜遅くまでネットで検索する必要はありません。

たった30分、60ページのガイドブック【がんを完治させるための5つのルール】を読むだけで「がんに勝つために必要なこと」が分かります。

無料でプレゼントしていますので、下のボタンからメールアドレスをご登録ください。

ダウンロードあるいは郵送でお届けします。

yajirusi2

(※セキュリティ保護された登録ページに移ります)

人気の記事

1

終わりのない厳しい治療。消えない再発の恐れ。 人生を失うかもしれない、という焦り。 熟睡できない。ふいに心臓の鼓動が速くなる。不安で手足がピリピリする。 「心が ...

2

こんにちは。本村ユウジです。 私はどこにも属さない、中立的な立場のがん治療専門アドバイザーです。 医者同士が「がんは放置しろ」「いや、病院で治療すべきだ」と批判 ...

3

このたびは、妻のがんサポートにあたり、医学・栄養学・健康学というさまざまな分野を統合した、トータルサポートをいただき感謝の念にたえません。 おそらく、単なる病院 ...

-02.がんについて
-

Copyright© 本村ユウジ公式サイト・ブログ , 2018 All Rights Reserved.