10.肝臓がん

肝内胆管がん(胆管細胞がん)のステージ(病期)分類とは

投稿日:

肝内胆管がん(胆管細胞がん)のステージ

このステージ分類は、肝内胆管がんのうち「腫瘤形成型」およびその「優越型」というタイプにのみ適用となるものです。「胆管浸潤型」、「胆管内発育型」といわれるタイプには適用されません。

・1期

単発で直径は2センチ以下の腫瘍である。血管侵襲・漿膜浸潤はない。

・2期

以下のいずれかを満たしている。
①単発で直径は2センチ以下の腫瘍であるが、血管侵襲・漿膜浸潤がある。
②単発で直径は2センチを超える。血管侵襲・漿膜浸潤はない。
③多発性であるが最大腫瘍が直径2センチ以下である。血管侵襲・漿膜浸潤はない。

・3期

以下のいずれかを満たしている。
①単発で直径は2センチを超える腫瘍である。血管侵襲・漿膜浸潤がある。
②多発性であるが最大腫瘍は直径2センチ以下である。血管侵襲・漿膜浸潤がある。
③多発性で最大腫瘍が直径2センチを超える。血管侵襲・漿膜浸潤はない。

・4A期

発性で最大腫瘍が直径2センチを超える。血管侵襲・漿膜浸潤がある。

・4B期

リンパ節転移がある、または遠隔転移している。

----------------------------

闘病ブログはとても参考になると思います。
にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


がん・腫瘍 ブログランキングへ

ガイドブック差し上げます

  • この記事を書いた人
yuji-motomura

本村ユウジ

「がんの研究と、患者さんのサポート」を2008年から続けています。現在まで、3,000名を超えるがん患者さんやご家族をサポートしてきました。詳しいプロフィールはこちら。

-10.肝臓がん
-

Copyright© 本村ユウジ公式サイト・ブログ , 2018 All Rights Reserved.