06.食道がん

食道がんの種類(タイプ)と特徴

更新日:

食道がんの種類(タイプ)

■扁平上皮がんと腺がん

食道がんとは、食道に生じる悪性腫瘍の総称です。正常の食道の上皮は、扁平上皮と呼ばれるもので、日本人の食道がんは、90%以上がこの粘膜上皮から発生する「扁平上皮がん」と呼ばれるもので、胸部中部食道に多く発生します。

次に多いのは、胃がんと同じ腺上皮から発生する「腺がん」と呼ばれるもので、これは胃の近くの食道に生じます。欧米では、扁平上皮がんは少なく、半数以上が腺がんです。日本人の生活様式が欧米化するのに伴い、今後、腺がんの割合が増加するかもしれないと考えられています。

■特殊な細胞から発生する腫瘍

そのほか、頻度は低いですが、特殊な細胞から発生するがんもあります。がん肉腫、内分泌細胞がんなどの上皮性悪性腫瘍のほか、粘膜上皮以外の細胞から発生する非上皮性腫瘍と呼ばれるがんと紛らわしい病気もあります。

また、筋層から発生する平滑筋性腫瘍や、粘膜下に発生する消化管間質腫瘍(GIST)などのがんとは異なる腫瘍が知られています。

そのほか、悪性黒色腫(皮膚がんのひとつ)、絨毛がんなどのまれながんの存在も知られていて、それぞれ異なった特徴を持つため、組織型に応じて治療方針が変わることがあります。

いっぽう、基本的に治療の必要のない、良性腫瘍やポリープなども見られます。大きくて食道の内腔をふさいでしまったり、出血が起きたりといった問題がある場合は切除を行いますが、これらは経過観察となることが多いです。

以上、食道がんに関する解説でした。

がんと診断されたあと、どのような治療を選び、日常生活でどんなケアをしていくのかで、その後の人生は大きく変わります。

納得できる判断をするためには「正しい知識」が必要です。患者として、家族として必要な知識はこちらのガイドブックにまとめました。
がん治療で「絶対に」やってはいけないことは?

興味がある方は、ダウンロードして読んでみてください。

このサイトの管理者について

このサイトはがん治療専門のアドバイザー、本村ユウジが運営しています。

プロフィールはこちら

メールレター説明

本村ユウジのメールマガジン

ブログでは書けない「がん治療」に関する本音をメールで。全15回の読み切り型のメールマガジンです。すでに38,000名の方に読まれています。↓をクリックして登録すると、すぐに届きます。

必読の書!

ガイドブック「がんを完治させるための5つのルール」を無料で差し上げています


本村ユウジ責任編集。「がんと闘ううえで、絶対に外してはいけないポイント」を凝縮したガイドブックです。パソコンからでもスマホからでも読める電子ファイル(PDFファイル)なのですぐに読めます。


どんなガイドブックなのかの解説はこちらのページで。

がん治療で”絶対に”やってはいけないことは?

今すぐダウンロードして読みたい方は、こちらのボタンをクリックしてメールアドレスを登録してください。

kotira010
  • この記事を書いた人
yuji-motomura

本村ユウジ

「がんの研究と、患者さんのサポート」を2008年から続けています。現在まで、3,000名を超えるがん患者さんやご家族をサポートしてきました。詳しいプロフィールはこちら。

-06.食道がん
-

Copyright© がん治療相談・本村ユウジ公式 , 2017 All Rights Reserved.