16.前立腺がん

前立腺肥大症と前立腺がんとの関係は?

更新日:

前立腺肥大症と前立腺がん

■前立腺がんは前立腺肥大症とはまったく別の病気

前立腺肥大症は前立腺の病気としてよく知られており、前立腺がんと患者さんの年齢層が非常に似かよっています。そこで、「前立腺が肥大すると、がんになるのではないか」と考えられることが多いですが、これらはまったく別の病気です。

前立腺肥大症の人が前立腺がんになりやすい、ということもありません。ただし、前立腺肥大症と、前立腺がんの両方にかかることはありえます。

■自覚症状がない「がん」、排尿障害などがある「肥大症」

前立腺の肥大は尿道周辺からおこります。このため尿道が圧迫され、比較的早期から残尿感など、尿の出方にはっきりした症状が現れます。

前立腺がんでは手術などの治療に伴って、尿もれ(失禁)をおこすことがあるものの、治療を受けていない段階では、がんがかなり大きくなっても、排尿に関係する自覚症状はほとんどありません。

前立腺の肥大は程度の差はありますが、加齢とともにかなり高い確率でおこる病気です。肥大そのものが命にかかわることはなく、肥大に伴う症状ごとに対処していけばよい良性の病気です。一方の前立腺がんは、放置すればリンパ節や骨に転移して命にかかわることもある、悪性の病気です。

また、もう一つ注意しくべき誤解があります。それは経尿道的前立腺切除術(TUR-P)に関することです。

これは前立腺肥大症の代表的な治療法ですが、これを受けたことで、前立腺がなくなった、だから、前立腺がんの心配もなくなったと思い込む患者さんがいます。しかし、これは大きな勘違いです。前立腺がなくなったわけでも、がんの可能性がなくなったわけでもありません。

この治療法は、前立腺の肥大化した部分を切除するだけのもので、前立腺自体は残っています。ですから、もちろんがんが発生することもありえます。自分の受けている治療をよく理解しておきましょう。

いっぽう前立腺がんで手術を受ける場合は前立腺の全摘出となり、文字どおり「丸ごと」摘出することで、体内から前立腺という臓器はなくなります。

以上、前立腺がんに関する解説でした。

がんと診断されたあと、どのような治療を選び、日常生活でどんなケアをしていくのかで、その後の人生は大きく変わります。

納得できる判断をするためには「正しい知識」が必要です。患者として、家族として必要な知識はこちらのガイドブックにまとめました。
がん治療で「絶対に」やってはいけないことは?

興味がある方は、ダウンロードして読んでみてください。

このサイトの管理者について

このサイトはがん治療専門のアドバイザー、本村ユウジが運営しています。

プロフィールはこちら

メールレター説明

本村ユウジのメールマガジン

ブログでは書けない「がん治療」に関する本音をメールで。全15回の読み切り型のメールマガジンです。すでに38,000名の方に読まれています。↓をクリックして登録すると、すぐに届きます。

必読の書!

ガイドブック「がんを完治させるための5つのルール」を無料で差し上げています


本村ユウジ責任編集。「がんと闘ううえで、絶対に外してはいけないポイント」を凝縮したガイドブックです。パソコンからでもスマホからでも読める電子ファイル(PDFファイル)なのですぐに読めます。


どんなガイドブックなのかの解説はこちらのページで。

がん治療で”絶対に”やってはいけないことは?

今すぐダウンロードして読みたい方は、こちらのボタンをクリックしてメールアドレスを登録してください。

kotira010
  • この記事を書いた人
yuji-motomura

本村ユウジ

「がんの研究と、患者さんのサポート」を2008年から続けています。現在まで、3,000名を超えるがん患者さんやご家族をサポートしてきました。詳しいプロフィールはこちら。

-16.前立腺がん
-

Copyright© がん治療相談・本村ユウジ公式 , 2017 All Rights Reserved.