01.サポート会員の声(個別)

卵巣がん・竹山さん|患者さんの声・評価

mail0010

おはようございます。
早速にご丁寧なお返事を頂きありがとうございました。
かなり悩みましたが今回はケモは受けずにそれ以外の方法で
治療をして参ります。
「今まで断った患者さんはいない」と言われていますが、
本日中に主治医にお伝えし、引続き今後のフォローアップをお願いするつもりです。

ただ本村さんもご指摘の通り明細胞腺癌は厄介です。
再発、転移が死に繋がるイメージが大きいですね。
実は術後1ヶ月と1週間ですが、患部であった左側腹部(臍の真横付近)の重い感じ、
その真裏に当たる部分の腰痛および臀部から鼠蹊部、太腿への重い感じは、
明らかに右側にはない嫌な感覚です。
特に寝ているとその違和感は確実に左側のみに感じるので不安ですね。
これが更年期障害の1症状であれば納得なのですがリンパ節への転移が頭から離れません。

今回はリンパ節郭清をしていないので、リンパ節への転移の有無も確定的なステージも
分からず、この違和感が悪いものでは?という心配があります。
腰の件はまだ伝えていませんが、お腹の痛み等は腸でしょうとの回答でした。
年明けにこの違和感、痛みの原因を診て頂きたいとお願いするつもりです。

すでに高濃度VC25g点滴を開始し明日2度目を受けます。
年明けにNK療法のための採血もあります。
もし状況が変わり、ケモを選択するにしても抗がん剤で汚染されない血液を使って
NKとVC療法をある程度やってからと思っております。

年末年始で、この間は治療も検査もできないことが焦る気持ちに繋がりますが、
こうしてお話しさせて頂けて感謝でございます。

今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

竹山

メールレター説明

本村ユウジのメールマガジン

ブログでは書けない「がん治療」に関する本音をメールで。全15回の読み切り型のメールマガジンです。↓をクリックして登録すると、すぐに届きます。

ガイドブックをプレゼント!


「がんを完治させるための5つのルール」とは・・・


本村ユウジ責任編集。「がんと闘ううえで、絶対に外してはいけないポイント」を凝縮したガイドブックです。パソコンからでもスマホからでも読める電子ファイル(PDFファイル)なのですぐに読めます。

どんなガイドブックなのかの解説はこちらのページで。
がん治療で”絶対に”やってはいけないことは?

今すぐダウンロードして読みたい方は、こちらのボタンをクリックしてメールアドレスを登録してください。
kotira010

-01.サポート会員の声(個別)
-, ,