01.サポート会員の声(個別)

肺がん・相原さん|患者さんの声・評価

mail0128

本村さん、こんばんは。
早速のお返事ありがとうございます。とても親身になって話を聞いていただけて大変うれしいです。お返事を読んでいて、涙が出てきてしまいました。。。

質問の2点ですが、

・卵巣、子宮の周辺に再発の兆候はないのか?

---> 昨年の11、12月の検査では兆候はないようです。CTにもPETにも、卵巣や子宮の周辺には何もなかったです。

・腎臓に関しては本当にがんなのか?今後の検査の予定は?

---> 腎臓にはうっすら影があるものの、検査するのも難しい(大変?)らしく、カルテには(疑い)と書いてありました。ただ、初めに卵巣にあって、今回は肺にあって、、ということなので腎臓もおそらくそう(がん)でしょう。ということでした。なので腎臓の検査の予定は今のところないです。

今までの検査から、医師は、私の症例はとても非典型的だといいます。今現在、卵巣や子宮にはがんが見当たらないのに肺にあって、それも肺線がんなのに肺の末端部分に出来ているわけでもない。原発が分からないけれども、おそらく転移だろうし、もう血液中にがんがあるわけだから、やっぱり抗がん剤しかない。ということらしいです。

ただ、もし肺が原発と考えたら、手術や放射線があるかも。という話でしたが、肺にある腫瘍の位置が胸の中心側なので、ほぼ左の肺をすべて取る感じになるし、リスクが大きいとのことです。

明後日の木曜日に、現状が知りたいので、医師にはCT検査をお願いしてあります。医師はその検査を終えてから抗がん剤をしましょう。と言っています。抗がん剤しかない。。。というのも、分かっています。が、でもやっぱり抵抗があるんです。

分かりづらい部分があったらすみません。。。本村さんのお返事お待ちしております。よろしくお願いいたします。

相原

メールレター説明

本村ユウジのメールマガジン

ブログでは書けない「がん治療」に関する本音をメールで。全15回の読み切り型のメールマガジンです。↓をクリックして登録すると、すぐに届きます。

ガイドブックをプレゼント!


「がんを完治させるための5つのルール」とは・・・


本村ユウジ責任編集。「がんと闘ううえで、絶対に外してはいけないポイント」を凝縮したガイドブックです。パソコンからでもスマホからでも読める電子ファイル(PDFファイル)なのですぐに読めます。

どんなガイドブックなのかの解説はこちらのページで。
がん治療で”絶対に”やってはいけないことは?

今すぐダウンロードして読みたい方は、こちらのボタンをクリックしてメールアドレスを登録してください。
kotira010

-01.サポート会員の声(個別)
-, ,