29.神社、お寺など

鎌倉市で癌(がん)に関する祈祷やお守りが購入できる神社、鎌倉宮

更新日:

歴史的建造物の多い神奈川県鎌倉市で、がん患者さん本人やご家族が病気平癒を祈願、お参りしたり、お守りを購入するのに適した有名な神社といえば「鎌倉宮」があります。

鎌倉で「がん封じ」といえば、上行寺がよく知られていますが、

上行寺

個人的にはこういう雰囲気の寺社はあまり好まないので(すいません)、ここには行かずに様々な厄除け法、お守りがある鎌倉宮を訪問してみました。

場所はこのあたりです。

鶴岡八幡宮から車で5~6分の距離でバスも出ています。駐車場も隣接しており(料金は1時間400円)、休日は賑わうようですがメインの観光スポット、というわけではないので落ち着いた雰囲気のある神社です。

この日は写真を撮りたくて開場直後に訪れたので、あまり人のいない鎌倉宮の風景を収めることができました。

広さは小学校の運動場くらいでしょうか。綺麗に整備されて緑も多くて気持ちのよい雰囲気でした。

入ると鎌倉宮に関する説明書きがありました。後醍醐天皇の子、護良親王(もりちかしんのう)を祭神とする神社、と記載されています。活発でパワフルな方だったと伝えられているうえ、お名前に使われている字が「護良」というのもお守りにはいいなぁ、と思いました。

鎌倉宮で有名な厄除け

鎌倉宮で有名と聞いていた「厄割り石」。私もやってきました。

厄割り石に関する説明書きには「毎日の生活の中で、知らず知らずの内に受けた「厄(悪いもの)」をお祓いしましょう。鎌倉宮の御祭神・大塔宮護良親王は、若々しく強いお方で、厄を祓い清める神様です。」と書かれています。

やり方は以下のとおりです。

1.「かわらけ」に息を吹きかけ、自分の中にある厄をのせます。

2.「厄割り石」をめがけて、「かわらけ」を投げ、厄を割ります。

3.割れなかったら割れるまで続けます。石をしっかり見つめて投げるのがコツです。

お皿を投げる、というのは意外に難しく、一投目で割ることができませんでしたが二投目でしっかり割れました。このような他にはないお祓いの仕方があるのはいいですね。

がん治癒、病気平癒を願うために

鎌倉宮にがん患者さんが多く訪れる理由は、病気平癒につながる願い事や祈祷などができる点にあります。

身代わり絵馬

「村上彦四郎義光公に身代わりの願い事を届けましょう」と記載があります。村上彦四郎義光という人は鎌倉時代の武将で、護良親王に忠誠を誓った部下です。

当時、護良親王軍は幕府軍と戦をしており、幕府軍に攻め込まれた親王の身代わりとなり、敵の前で切腹したという逸話があります。それが「身代わり絵馬」の由来です。

ひとこと願い串

拝殿のお賽銭箱の近くに「ひとこと願い串」があります。ここに願い事を書いて納めることができます。

病気平癒、身体健勝のご祈祷

10時から祈祷の受付をしています。祈祷料は5,000円です。

獅子頭守、板獅子守などのお守り

護良親王が戦地に行くとき「兜の中に獅子頭のお守りをしのばせていた」言い伝えがあり、鎌倉宮の特徴的なお守りとして創建当初から授与されています。

獅子頭は古くから「厄(悪いもの)を食べ、幸せを招く」と言われています。今では「厄除け・幸運招来・交通安全・身代り」などの願いを叶えるお守りとされています。

その他、通常の病気平癒のお守りやお札も授与所で購入することができます。

鎌倉は観光にもよいですし、寺社仏閣が近隣に多くあり、周辺を散歩しながら様々な歴史に触れることができます。患者さん自身のお参りや、家族、友人知人の方がお見舞いのためのお守りを購入する場所としても閑静な鎌倉宮はおすすめです。

----------------------------

闘病ブログはとても参考になると思います。
にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


がん・腫瘍 ブログランキングへ

ガイドブック

----------------------------

「いったい、どうすればがんを治せるのか?」

「誰が本当のことを言っているのか?」

と悩んでいるなら。

世に出ている本を片っ端から読んだり、夜遅くまでネットで検索する必要はありません。

たった30分、60ページのガイドブック【がんを完治させるための5つのルール】を読むだけで「がんに勝つために必要なこと」が分かります。

無料でプレゼントしていますので、下のボタンからメールアドレスをご登録ください。

ダウンロードあるいは郵送でお届けします。

yajirusi2

(※セキュリティ保護された登録ページに移ります)

人気の記事

1

終わりのない厳しい治療。消えない再発の恐れ。 人生を失うかもしれない、という焦り。 熟睡できない。ふいに心臓の鼓動が速くなる。不安で手足がピリピリする。 「心が ...

2

こんにちは。本村ユウジです。 私はどこにも属さない、中立的な立場のがん治療専門アドバイザーです。 医者同士が「がんは放置しろ」「いや、病院で治療すべきだ」と批判 ...

3

このたびは、妻のがんサポートにあたり、医学・栄養学・健康学というさまざまな分野を統合した、トータルサポートをいただき感謝の念にたえません。 おそらく、単なる病院 ...

-29.神社、お寺など

Copyright© 本村ユウジ公式サイト・ブログ , 2018 All Rights Reserved.