「05.肺がん」 一覧

肺がんのリンパ節転移を調べる超音波気管支鏡検査

2015/06/17   -05.肺がん
 

超音波気管支鏡は、気管支鏡検査と超音波検査(エコー)を組み合わせた検査方法のことです。 気管支鏡検査では気管支鏡を使って、がん病変部位の組織やリンパ節組織を採取 ...

肺がんの再発の発見と、再発時の治療法について

2015/06/16   -05.肺がん
 

がんの再発とは、がんの根治的な治療を行ったあとに、新たにがんができた場合やほかの部位へ新たにがんが転移した場合のことをいいます。転移=遠隔再発ともいいますが、一 ...

肺がんが転移したときの症状と治療法

2015/06/16   -05.肺がん
 

がんの転移にはリンパ液に乗って転移するもののほかに、血流に乗って転移するものもあります。がん細胞が血液とともに全身をめぐり、最初のがん部位から遠く離れた臓器やリ ...

肺がんリンパ節転移の症状と余命

肺がんにかぎらず、がんは最初にがんができた部位(原発巣)から別の部位(他臓器)に移って、そこでがんが増殖することがあります。これを転移といいます。 人間のからだ ...

肺がんステージ別5年生存率(国立がんセンターの数値)

肺がんの予後(治療後の経過)は、がんの種類や発見時の臨床病期(ステージ)、全身状態などによって多様で個人差があります。つまり、画一的に説明することは、とてもむず ...

肺がんの治療効果の確認方法(奏功と奏効率)

肺がんの治療をおこなったあとは、治療によってどの程度効果があったかを判定します。基本的な判定方法としてCTなどの画像検査をおこない、腫瘍の大きさがどのくらい変わ ...

高齢者の肺がん手術は可能か?

2015/06/16   -05.肺がん
 

肺がんは2010年代に入ってから70歳代以上で著しく増加しています。1990年代と比べるとその数は3倍以上になります。社会の高齢化にともなって今後も肺がんの患者 ...

肺がん放射線治療の副作用と抗がん剤治療の副作用

2015/06/15   -05.肺がん
 

■肺がん放射線治療の副作用 放射線療法では、つぎのような副作用や合併症があらわれます。代表的なものは、放射線を照射することによるやけどのような症状(炎症)が生じ ...

肺がん手術後の後遺症や合併症

2015/06/15   -05.肺がん
 

肺がん治療にともなう後遺症や合併症について、それらの出現頻度や程度、いつ出現するかについては、個人差があります。 手術に関する主な後遺症、合併症としては、つぎの ...

肺がんの治療で使われる分子標的薬(イレッサ、タルセバ、アバスチン) ブ)

がん治療で主軸となりつつある分子標的薬とは、新たに開発された化学療法用の薬のタイプです。分子標的治療薬は、毒性の強い従来の抗がん剤とはメカニズムが異なり、特定の ...

肺がんの化学療法(抗がん剤治療)と使われる抗がん剤の種類

がん治療における「化学療法」とは、抗がん剤を使う治療のことです。抗がん剤が血液に乗って全身をめぐり、がん細胞を殺すことを目的とした「全身的治療法」です。投与方法 ...

肺がんに放射線治療は効果があるのか

放射線治療とは、からだの外側から肺やリンパ節の病変部位(がんがある部分)にX線などの放射線をあて、がん細胞を攻撃する局所療法です。(手術も同じ局所療法) がんを ...

肺がんの手術。具体的な方法の解説

2015/06/15   -05.肺がん
 

手術は、全身麻酔を使っておこないます。具体的には、背中から肩甲骨の内側より前に向かって皮膚を切開し、肺がみえるようにしておこないます。肋骨を切ることはありません ...

肺がんで手術ができる条件とは

2015/06/14   -05.肺がん
 

肺がんの手術では、がんが確認された部分、がんが強く疑われた部位をすべて切りとることが目的です。つまり、がんのある部分とその近い組織だけを対象にする局所的な治療法 ...

非小細胞肺がんの標準的な治療方法とは

非小細胞がんでは、基本的に病変(がんと疑われる部分)が局所にとどまっていて、切除可能な早期のステージ(I期またはⅡ期)ではには手術が標準的な治療法です。 それに ...

病院で行われる肺がんの標準的な治療方法とは

2015/06/12   -05.肺がん
 

肺がんは臨床病期(ステージ)の早い段階(ステージI期またはⅡ期)でないと、根治的な治療(目に見えるがんを全て取りきる治療)が難しいといえます。 しかし、ステージ ...

小細胞肺がんのステージ分類とは

2015/06/12   -05.肺がん
 

小細胞がんは非小細胞がんと比べ、進行が早く転移しやすいという特徴があります。 このため、小細胞がんの臨床病期は非小細胞がんとは異なり、限局型(LD)と進展型(E ...

非小細胞肺がんのステージ分類とは

非小細胞がんはその進行度によって、潜伏がん、0期、ステージIA期、IB期、ⅡA期、ⅡB期、ⅢA期、ⅢB期、Ⅳ期の9段階に分類されます。 分類決定にあたっては、原 ...

肺がんの転移しやすい場所とは

2015/06/12   -05.肺がん
 

転移とは、ある場所にできたがんが、ほかの場所にも飛び火していくことをいいます。がんが拡がると、周りの隣接した臓器や組織に浸潤します。 また、血液やリンパに乗って ...

肺がんで使われる腫瘍マーカーの種類

2015/06/12   -05.肺がん
 

腫瘍マーカーとは、がん細胞でたくさんつくられるタンパク質や酵素のことです。 がんがあるかどうか、どのようながんがあるか、どのくらい進行しているかなどを知るための ...

Copyright© がん治療相談・本村ユウジ公式 , 2017 All Rights Reserved.