「23.その他のがん」 一覧

皮膚がんの放射線治療にかかる治療費は?

皮膚がんの外部照射治療には電子線を用いた1門照射法がおこなわれます。 通常、治療は1日に1回、1週間に5回、全部で25回照射されます。この場合の治療費は、放射線 ...

喉頭がんのタイプと放射線治療の進め方

喉頭がんの原因の多くは喫煙です。 喫煙歴のない人も少数いますが、この場合は胃液などの逆流による慢性刺激も誘因として考えられています。 食生活の欧米化に伴って胃食 ...

舌がんに対する放射線治療とつかわれる放射線量

2016/08/23   -23.その他のがん
 

舌がんは、口腔衛生と深い関係があるといわれています。しかも、頸部リンパ節に比較的高い頻度で転移します。患者は治療のために手術では舌を切除することになります。その ...

上咽頭がんに対する放射線治療の方法と放射線量について

上咽頭がんは、EB(Epstein-Bar:エプスタイン・バー)ウイルスが原因の1つと考えられています。 EBウイルスはヒトに広く伝播しており、ほとんどの健常成 ...

脳腫瘍や脳転移に対する放射線治療と照射される放射線量について

2016/08/23   -23.その他のがん
 

脳あるいは脊髄(せきずい)にできたがんは、手術が第1選択です。 しかし、手術ではすべての腫瘍を取り除くことは困難です。また後遺症が残るため、部分切除になる場合が ...

舌がんの放射線治療の進め方

2016/08/07   -23.その他のがん

舌がんではセシウム137線源を用いた放射線治療を行う 舌がんは、がん病巣が大きい場合や深く浸潤した進行がんでは、手術が標準的におこなわれます。 舌がんは、扁平上 ...

GIST(消化管間質腫瘍)の抗がん剤治療で使われる薬とは

2016/07/05   -23.その他のがん
 

GIST(読み方=ジスト)は、消化管にできる悪性腫瘍です。 同じ消化管でも胃や大腸にできる「がん」とは組織形態が異なるので、別のものとして扱われます。 胃がんや ...

悪性軟部腫瘍(軟部肉腫)の新しい治療薬とは~ヴォトリエント、ヨンデリス~

悪性軟部腫瘍の治療方法 ・悪性軟部腫瘍とは? 軟部肉腫とは、筋肉や脂肪、血管、リンパ管など軟らかい組織にできる悪性腫瘍の総称です。皮膚や胃、腸の粘膜といった上皮 ...

脳腫瘍の薬物療法(抗がん剤などを使った治療)

2015/07/26   -23.その他のがん

脳腫瘍は脳の組織ががん化したものをいいます。ほかのがんと違って進行度を用いず、がんの性質(悪性度)で判断します。最も悪性度の高いものが神経膠腫(グリオーマ)です ...

原発不明がんの治療は薬物療法が中心に

2015/07/26   -23.その他のがん

最初にできた場所(原発巣)が分からないがんのことを「原発不明がん」といいます。発生場所が特定できないため手術や放射線療法は難しく、全身療法である薬物療法(抗がん ...

GIST(消化管間質腫瘍)の治療方針と使われる薬(薬物療法)

2015/07/26   -23.その他のがん

発生頻度は人□100万人あたり20人と非常にまれな病気ですが、分子標的薬の登場で治療法は変化を見せています。 ■GIST(Gastrointestinal St ...

Copyright© がん治療相談・本村ユウジ公式 , 2017 AllRights Reserved.