「11.腎臓がん」 一覧

人気の記事

1

そう、がんと闘うときには「絶対にやってはいけないこと」があります。 2008年からサポート活動をしている私は、これまで3,000人以上のがん患者さんやご家族と接 ...

2

1974年生まれ。神奈川県川崎市在住。妻と愛犬と暮らしています。身内を4名もがんで失ったことをきっかけに「どうすれば、がんに勝てるのか?」と研究や調査をはじめま ...

腎臓がん 薬物療法の最新治療薬と使われる順序について

腎臓がんの薬物療法は、分子標的薬(スーテントなど)や免疫チェックポイント阻害薬(オプジーボなど)を中心的な位置づけとしていることに特徴があります。 他の部位のが ...

腎臓がんの新薬とは?近年承認されている新しい分子標的薬

2015/07/29   -11.腎臓がん

腎臓がんの分野では、近年新しい薬が次々と開発・承認されています。主な薬のタイプは分子標的薬といわれる、がん細胞特有の増殖要素を抑えるものがほとんとです。 日本で ...

腎臓がんは手術が基本で、進行度によって他の治療法を使うかが決まる

2015/07/28   -11.腎臓がん

腎臓がんの手術には「開腹手術」と「腹腔鏡手術」があります。 腹腔鏡は傷口を小さくできますが、医師の技術が必要です。腹腔鏡手術の専門医認定制度があり、その認定を受 ...

腎臓がんかどうか、どんながんかを調べるための検査

2015/07/28   -11.腎臓がん

腎臓がんは、今のところこれといった腫瘍マーカーがなく、血液検査等で発見することができません。通常の検診で見つかることもありますが、ほとんどはなんらかの症状(血尿 ...

腎臓がんの治療は手術と免疫系の薬、分子標的薬が中心

2015/07/28   -11.腎臓がん

腎臓がんの治療は、手術が基本です。腎臓は2つあるため、がんを患っていない側の腎臓が健全であれば、1つをとってもすぐに腎臓の機能が失われるわけではありません。 ま ...

腎臓がんの予後と再発の可能性

2015/07/28   -11.腎臓がん

腎臓がんは、近年、職場健診や人間ドックで、よく発見されるようになってきました。 腎臓は、身体の奥まったところに位置するため、また、病変が小さいうちは、これという ...

日本で増加する腎臓がん。腎臓の役割とは?

2015/07/28   -11.腎臓がん

腎細胞がん(腎臓がん)は他の泌尿器がんと同様、男性に多いがんです。 男性の方が2倍以上かかりやすいがんといわれます。50代から70代に多く見つかり、60代後半か ...

転移性腎臓がんのリスク分類「MOtzerスコア」とは?

2015/07/23   -11.腎臓がん

転移性腎臓がんには、非常に急速に進行するものと、比較的ゆっくり進行するものがあります。それを予測するためのリスク分類として、世界的によく使われているのが、「MO ...

腎臓がんで使われる薬(抗がん剤・分子標的薬)の種類と名前

2015/07/23   -11.腎臓がん

腎臓がんの患者数は年々増加しています。男性に多く、とくに60~70代に多く発症します。腎臓がんは転移がある場合は難治性のがんといわれ、2000年代までは有効な薬 ...

腎臓がんの治療法|腎臓がんのステージと標準治療法

2015/07/23   -11.腎臓がん

がんの広がりをみる病期(ステージ)は、がんの大きさと周囲臓器への浸潤度、リンパ節への転移の有無、肺や肝臓、骨など遠隔臓器への転移によって決められ、それによって治 ...

透析を受けている人の腎臓がん

2015/07/02   -11.腎臓がん

透析を受けている人は高頻度に腎臓がんを発症することが分かっています(透析腎臓がん)。 透析腎臓がんは比較的若年で発症し、男性が約80%を占めます。透析腎臓がんは ...

腎臓がんのガイドラインに記載される診断基準と治療法

腎臓がんと診断された場合、腫瘍の大きさ、リンパ節転移、および周囲臓器への浸潤程度、遠隔転移の有無により、ステージⅠ~Ⅳに分類され、このステージに基づいて治療法が ...

腎臓がんに対するラジオ波熱凝固法による治療とは

腎臓に限局し、サイズの小さい早期の腎臓がんに対しては、ラジオ波熱凝固(RFA)という方法で腫瘍の消滅をねらうこともあります。 手術しないことで体調的に高リスクの ...

腎臓がんの手術で腎臓を(片方)摘出した後の腎臓機能は大丈夫か

腎臓がんの中でも、腫瘍のサイズが小さい腎臓がんにおいては、根治的腎臓全摘出(腎臓を1つ摘出する手術)のあと、5年生存率は95%程度と高い数値が得られていましたが ...

腎臓がんの手術(腎臓全摘出術)について

2015/06/28   -11.腎臓がん

腎臓がんの治療法として、第一選択に挙がるのは手術です。近頃、サイズの小さい腎臓がんに対する「部分切除」は、腎臓の全摘出に匹敵するとされ、腎機能温存の観点から全摘 ...

腎臓がんの5年生存率は?

2015/06/28   -11.腎臓がん

腎臓がんの初期治療開始からの5年生存率はステージごとにこのように統計がとられています。 ■腎臓がん5年生存率 ステージⅠ:90~95% ステージⅡ:70~80% ...

腎臓がんの標準的な治療方法とは?

■限局性腎臓がんに対する標準的治療 腎臓がんでは外科的切除(手術)が唯一の根治的な治療法だといえます。なお、転移のない限局性腎臓がんにおいては腎臓の部分切除が根 ...

腎臓がんと似ている良性の腎臓腫瘍とは

2015/06/28   -11.腎臓がん

腎臓がんの検査では針生検をして細胞を採取することをしません。そのため、画像の様子から腎臓がんかどうかを判別することが基本ですが、手術してからはじめて判別されるこ ...

腎臓がんの症状と検査・診断

■腎臓がんの症状 腎臓がんを告知された人の約50%が無症状であり、画像診断で偶然発見されることが多いのが現状です。 そのため腎臓がんを疑って早期で発見される例は ...

腎臓がんの死亡者数とその原因

2015/06/27   -11.腎臓がん

近年、欧米の先進国、日本国内においても腎がんの患者数および死亡数は増加しています。 画像診断機器の普及により、無症状で小さな腎臓がんが発見されるようになったこと ...

Copyright© がん治療相談・本村ユウジ公式 , 2017 AllRights Reserved.