「03.胃がん」 一覧

人気の記事

1

そう、がんと闘うときには「絶対にやってはいけないこと」があります。 2008年からサポート活動をしている私は、これまで3,000人以上のがん患者さんやご家族と接 ...

2

1974年生まれ。神奈川県川崎市在住。妻と愛犬と暮らしています。身内を4名もがんで失ったことをきっかけに「どうすれば、がんに勝てるのか?」と研究や調査をはじめま ...

胃がん向け「抗がん剤」の種類と新薬(サイラムザ、オプジーボなど)

2017/03/01   -03.胃がん

胃がんでは手術が可能な状況であれば「切除手術」が第一優先とされます。しかし転移があるなど進行した状態で発見された胃がんや、切除後の再発胃がんでは化学療法(抗がん ...

胃がんで行われる主な抗がん剤治療コースと治療期間

2016/02/14   -03.胃がん

■術後補助療法 ・S-1療法(28日間投与、14日休薬、1年間) S-1 80mg/m2 分2 ■進行・再発がん ・EOX療法(1コース21日) エピルビシン5 ...

胃がん手術後の抗がん剤治療と再発・転移胃がんの治療

2015/07/21   -03.胃がん

胃がんは他のがんと比べて抗がん剤などの薬が効きにくいタイプのがんです。そのため治療の第一選択肢は手術となり、手術の前に抗がん剤などの薬が使われることは極めて少数 ...

胃がん治療の中心となっている薬

2015/07/21   -03.胃がん

2010年以降、胃がんに効果がある使用可能な薬は増えてきました。 近年、胃がんで主体となっている薬は、代謝拮抗薬の1つ、フルオロウラシル系の薬(5-FU、TS- ...

胃がんの薬物療法はどのように行われるのか?

2015/07/21   -03.胃がん

■Ⅰ~Ⅲ期は手術が基本 手術後の薬物療法が普及 胃がんの治療方針は、がんがどのくらい進んでいるかという進行度によって決まります。胃がんは最も内側にある粘膜から発 ...

胃がんの薬物療法の考え方

2015/07/21   -03.胃がん

がんの部位別死亡率で、胃がんは男性で2位、女性で3位です。近年、胃がん死亡数は減少傾向にありますが、それでも年間約5万人が亡くなっています。乳がんの分子標的薬ト ...

食道胃接合部がんの特徴とその治療法

2015/07/01   -03.胃がん, 06.食道がん

「食道胃接合部がん」とは、胃がんとも食道がんとも異なる特徴を持ったがんです。 具体的にどの部分に発生したがんを指すのかというと、日本の基準では「食道と胃の境目に ...

胃がんのITナイフやレーザー治療とは

2015/06/11   -03.胃がん
 

胃がんは日本人に多いがんであるため、研究もさかんであり、新しい治療法も次々に登場しています。 たとえば、内視鏡による粘膜切除術も、現在は「ITナイフ」と呼ばれる ...

胃がんの治療はガイドラインに基づいて行われる

2015/06/11   -03.胃がん
 

かつては胃がんが発見されたときには、とにかく胃の大部分を切除することがほとんど常識となっていました。 しかし胃を大きく切り取ると、さまざまな後遺症が現れます。た ...

胃がんの検査の流れと胃がんと診断されるまで

2015/06/11   -03.胃がん
 

日本では胃がんの発症率が高いため、自治体や企業が胃がんの検診(スクリーニング検査)を行っています。 スクリーニングでは、一般的には胃の造影X線検査を行います。こ ...

胃の役割と胃がんの広がりかた

2015/06/11   -03.胃がん
 

胃は、食物の消化を助ける臓器です。 胃の入口部分である噴門から食物が入ってくると、胃はこれに強い酸性の胃液を混ぜてどろどろにします。胃の出口、すなわち小腸(十二 ...

日本人に胃がんの人が多い理由は?

2015/06/11   -03.胃がん
 

「がんになりやすい」などの確率は国や地域、民族などによって大きく違います。 たとえばアメリカ人は、アフリカのある地域の人々の10倍以上の確率で結腸がん(大腸がん ...

十二指腸にできるがん

2015/06/11   -03.胃がん
 

十二指腸にも稀にがんが発生します。 十二指腸のポリープとは胃と違ってがんへと発展するポリープがありますので、注意が必要です。特に多いのは十二指腸乳頭部がんといっ ...

胃がんとヘリコバクター・ピロリ菌の関係。除菌は必要か?

2015/06/11   -03.胃がん
 

40歳以上の日本人の8割がピロリ菌に感染しているといわれ、飲み水や食べ物を介して口から感染するとされています。 日本の研究を含め、感染者は非感染者に比べて胃がん ...

胃がんの「腹腔鏡手術」が対象になるのは?

胃がんで内視鏡治療の対象にならなくとも、ステージとして早期がんの人の治療には、「腹腔鏡手術」が適しています。 腹腔鏡手術とは、お腹に2~10mmの小さな穴を4カ ...

胃がん内視鏡手術(内視鏡的粘膜切除術(EMR))とは

2015/06/11   -03.胃がん
 

胃がんの場合、本当にごく早期のがんなら内視鏡を使って手術(腫瘍の切除)が可能になります。 胃を全部残せるうえお腹をまったく切らずに、口から内視鏡を入れるだけでが ...

スキルス胃がんが早期発見しにくいのはなぜか

スキルス胃がんは、見つかったときには手遅れであることが多く、進行の早いがんとして恐れられています。 医師の中にも、スキルスの早期発見・早期治療は無理だという人が ...

胃がん検査「レントゲン」と内視鏡検査

2015/06/11   -03.胃がん
 

胃にがんがあるかどうかを調べる検査には、主に、X線を使って消化管の上のほうを撮影する「レントゲン検査」と、口から高性能の小型カメラを入れ、胃の内部の様子をモニタ ...

早期胃がんとは?進行胃がんとは?

2015/06/11   -03.胃がん
 

胃の壁の厚さはおよそ7~8mmで、内側の粘膜層から始まって、粘膜筋板、粘膜下層、固有筋層、漿膜下層、漿膜の6層からなっています。 そして、大腸がんや食道がんなど ...

胃がんの自覚症状と原因

2015/06/11   -03.胃がん
 

胃がんによる死亡者数は以前より減っているものの、患者数はむしろ増えています。 つまり、それだけ早期発見が進んで、治療できる人が増えている証拠ですが、塩分の多い食 ...

Copyright© がん治療相談・本村ユウジ公式 , 2017 AllRights Reserved.