「02.がんについて」 一覧

がんはウイルス・細菌と関係あるのか

人が年齢を重ねるにつれ、体をつくる細胞におさめられた遺伝子は少しずつ傷ついていきます。 その結果、細胞が分裂をコントロールできなくなり、周囲を無視してひたすら増 ...

「がんワクチン」とは

「ワクチン」は私たちに身近な存在です。 インフルエンザなどの病気を予防するために摂取するものとして、ほとんとの日本人がワクチン接種の経験があると思います。 ワク ...

最も悪性度の高い発がん物質とは?

テレビでも「この成分は発がん物質で・・・」などの報道も一般的になっています。ではこの「発がん物質」とは何でしょうか。また、どんな作用をすることでがんを誘発するの ...

がんになりやすい家系がある、のは本当か

がんは「遺伝子の病気」といわれます。 正常な細胞ががん細胞に変化するのは、細胞の増殖をうながす遺伝子や増殖を止める遺伝子に異常が起こるため、といえるからです。 ...

がんになりやすい人と遺伝子を調べる検査

日本人のふたりにひとりはがんになる、といわれる時代になりました。 その意味では、日本人は誰でもがんになりやすいといえるかもしれません。しかし、家族にがんの患者が ...

なぜがんで人間は死ぬのか

現在では以前と異なり、医師は患者ががんであることを隠すことなく患者自身やその家族に告知するようになっています。しかしどんな人でも、がんを宣告されると、そのときは ...

がんはなぜ再発してしまうのか

がんは完治が難しい病気といわれます。 手術や放射線、抗がん剤治療など病院で実施できる治療を受け、一時は治ったように思えても、ふたたびがんになる可能性があるからで ...

がんが転移しやすい部位とは

がんは体内のいろいろな場所に転移します。しかしどこにでも同じ確率で転移するのではなく、転移しやすい臓器とそうではない臓器があります。もっとも転移が起こりやすいの ...

転移・再発しやすいがんはあるの?

がんには様々な部位・タイプがあり、早いうちから転移や浸潤を始めるがんもあれば、ゆっくりと成長し、あまり転移しないがんもあります。 ■早期に転移しやすいがん 早い ...

がんの悪性度と分化について

がんについて「悪性度」という表現が用いられることがあります。 がんに関して「悪性」というときそれは"たちの悪さ"を表します。医師やがんの専門家が「このがんは悪性 ...

がん細胞はどのように転移するのか?

発症すると私たちの生命をすぐに脅かすようになる「がん(悪性腫瘍)」と、命の危険がほとんどない良性腫瘍とでは、どんな違いがあるのでしょうか。 まず、がんと良性腫瘍 ...

がん細胞が増殖する速度とは?

がん細胞はどのくらいの速さで増えるのでしょうか? 正常な細胞もがん細胞も、分裂して増殖する性質をもっています。単純に言うと、1個の細胞は1回の分裂で2個になり、 ...

がんにはどんな種類があるのか?

がんとは細胞が分裂し続ける病気です。 ひとことにがんといっても、その種類は100種類とも200種類ともいわれ、さらに細分化もされています。しかし、がんの分類のし ...

簡単に理解できる「早期がん」と「進行がん」

がんと診断されたとき、もっとも気になるのは「自分のがんはどれくらい進行しているのか」という点だと思います。それを把握するには、ある程度の医療用語を理解しておくこ ...

がん細胞は分裂・増殖するたびに悪性度を増す

がん細胞も、通常細胞と同じく分裂をしながら成長していきます。 がん細胞の性質の悪いところは、1個から2個、2個から4個と分裂して数を増やすにつれ、その力(もちろ ...

がんとは何か?どんな病気なのか?

アメリカに「国立がん研究所」という、世界で有数のがん研究機関があります。この研究機関が、がんをどう定義しているのかというと、「細胞が増殖する過程で生じる100種 ...

Copyright© がん治療相談・本村ユウジ公式 , 2017 AllRights Reserved.