「02.がんについて」 一覧

遺伝子解析によってがん治療薬を決める。プレシジョンメディシン(精密医療)とは?|NHK特集

2016年11月20日のNHKの番組で「がん治療革命。プレシジョンメディシン(精密医療)」が特集されていました。これはがん治療の動きとしてはとても画期的なことで ...

骨転移の痛み緩和のために使われる放射線治療と線量について

2016/08/28   -02.がんについて
 

がんによる痛みをもたらす代表はがんの「骨転移」です。 骨転移による疼痛(とうつう。痛みのこと)は転移した骨に原因がある疼痛、およびがんの圧迫・浸潤による神経障害 ...

骨転移の痛みの緩和に使われるストロンチウム89線源を使った放射線治療

ストロンチウム89線源は、骨の成分のカルシウムと同じように骨に集まりやすい特徴がある「放射性薬剤」です。 この放射性薬剤は、骨転移の痛みの緩和に用いられます。 ...

がんの新薬はどうやって開発されるのか?~研究から臨床試験(治験)まで~

2016/06/30   -02.がんについて

がん治療において、手術や放射線の技術も進歩していますが、もっとも予算を割いて開発されているのが「薬」です。 従来の「抗がん剤」だけではなく、近年では分子標的薬や ...

がんの「5年生存率」とは?

2016/06/20   -02.がんについて

5年生存率は、がんの治療効果を判定するために用いられます。 がんの治療開始から5年後に生存している人の割合が5年生存率です。多くのがんは、治療により5年経過後ま ...

日本のがん死亡者数は?

2016/06/20   -02.がんについて

日本人の死亡原因の第1位はがんです。 がんによる死亡は心疾患、脳血管疾患をすでに追い抜き、増え続けています。がんは人口の高齢化や生活習慣が影響しているといわれて ...

がん治療の効果測定基準「完全奏功(CR)、部分奏功(PR)、進行(PD)、安定(SD)」とは?

2016/06/13   -02.がんについて

がんの治療は「治療効果をどう判定するかのルール」が統一されていなければ、有効性や効果を判定することはできません。 治療効果の評価基準には、病巣の大きさをもとにし ...

主ながんの治療法について

2016/06/13   -02.がんについて

がん治療には、手術、化学療法(ホルモン剤、抗がん剤、分子標的薬など薬を使った治療)、放射線治療、温熱療法、免疫療法などさまざまな治療法があります。 これらの中で ...

がんのステージと転移のメカニズム、TMN分類とは

2016/05/31   -02.がんについて

まず、がんのステージ分類(1~4で表す。病期分類)は、がんの進行度、つまり「事実としてどのくらい進行していて危険な状態か」を表しています。 ステージによってがん ...

良性腫瘍と悪性腫瘍(癌)の違いとはなにか

2016/05/31   -02.がんについて

一般に腫瘍(しゅよう)と呼ばれるものは、良性腫瘍と悪性腫瘍に分類されます。 良性腫瘍とは? 良性腫瘍は、腫瘍とそうでない部分の境目が明確でいびつな形をしていませ ...

糖尿病の人が癌(がん)を併発したときの注意点

2016/02/13   -02.がんについて

高齢者の増加、糖尿病患者の増加傾向は止まらず、がん患者数も増え続けています。 そのため糖尿病と癌(がん)を併発する人も増加の一途です。ただでさえ過酷ながん治療で ...

がんに関する代替医療(代替療法)の種類は?

2015/09/24   -02.がんについて

代替医療は英語で、Complementary and Alternative Medicine、頭文字をとって「CAM(カム)」と呼ばれています。 米国の国立補 ...

セカンドオピニオンをすると主治医に嫌われるのか

2015/07/29   -02.がんについて

セカンドオピニオンを受けることは、主治医との関係を断つことではなく、主治医の方針を理解するために他の医師の話を聞く、というイメージのほうが近いです。 時々、主治 ...

がん治療に関する費用を安くするには?~がん治療費に関する制度

2015/07/26   -02.がんについて

がんの治療にかかる費用は、治療そのものにかかるもの(薬物療法にかかる薬代・手術代・放射線療法代など)のほか、検査料、入院料、食事療養費などがあります。 また、細 ...

がんの治療前と治療後に必要な検査の一覧

2015/07/26   -02.がんについて

がん検査には、がんを見つけるための検診、がんと疑われたときに行う確定診断、治療方針を決めるための検査、治療の効果や再発の有無を確かめる検査などがあります。 ■治 ...

骨転移の痛みなど、がんに関する痛みに使われる薬とは

2015/07/17   -02.がんについて

がんの症状の1つに、痛みがあります。 とくに再発・転移がんの患者さんでは、発現する時期や強さに個人差があるとはいえ、ほとんどの場谷に痛みがともないます。腫瘍が大 ...

がん治療で使われる「副作用を軽減するための薬」

2015/07/11   -02.がんについて

がんの薬物療法では、がんそのものをたたく抗がん剤や分子標的薬、ホルモン剤以外にも、さまざまな薬が使われています。その多くは、抗がん剤治療によって起こる副作用対策 ...

手術や放射線と薬物療法を併用して行う理由

2015/07/11   -02.がんについて

がん治療では、手術や放射線療法の前や後に抗がん剤・分子標的薬などを投与する薬物療法を行うことが一般的になってきました。がんが大きくてリンパ節に転移していたり、周 ...

がんの薬物療法(化学療法)で複数の薬を使う理由

2015/07/11   -02.がんについて

がんの薬物療法では薬を単独で用いる場合もありますが、多くは複数の抗がん剤を同時期に用いる「多剤併用療法」が行われます。違う種類の薬を組み合わせることによって、多 ...

抗がん剤が効かなくなる「耐性」とは?

2015/07/11   -02.がんについて

抗がん剤・分子標的薬などを使った薬物療法によって根治や寛解が期待できるがんが出てきたとはいえ、その割合はまだ低く、薬物療法の主要な目的は「進行を遅らせること」に ...

Copyright© がん治療相談・本村ユウジ公式 , 2017 AllRights Reserved.