ブログ

辛すぎる・・・そんなときに思うこと

更新日:

私は毎日、がんに苦しむ人やその人の家族の方からのメールを読みます。

人間は「共感する」生き物・・・というか、”共感してしまう”生き物なので例えば「妻を助けたい」という心の叫びを聞くと、自分の妻を失うことを想像して悲しくなります。

実際にその人の苦しみは、本人でなければ分からないことですが、その苦しみの何パーセントかを実際に感覚として受けてしまいます。

それでも、そんな生活を何年も続けていくと、辛いことや苦しいことに慣れていきます。慣れる、というよりも人間の防御反応というか「忘れる機能」みたいなものが働くのです。

外科の最前線にいる医師や、命のやりとりをする戦士が、正常な神経をたもっていられるのは、本能的に「共感しすぎない」という能力が備わっているからだと思います。

自分は人の体に触れたり、人を攻撃したりすることはないので、このような人たちほどではないですが、慣れという感覚に気づく場面が増えてきています。

それでも、本当に辛いことはたまにやってきます。

慣れているはずの自分でも「これは厳しい!」ということは(当然ですが)起きます。

そんなときに、決まって頭に浮かぶ「光景」があります。

それは「泥の道を、四つん這いで歩くアフリカの少年」の映像です。

これは何かの番組だったのか、ネット上の動画だったのかは忘れましたが、その光景が目に焼き付いて離れません。

最貧困の国で、食べ物もなく飲み物もない。

土の家に住み、濡れた服を着て、食べ物は芋が1日に1つ、飲み水は泥水。

そんな生活をする人たちのなかで、ひとりの少年がいました。

彼は10歳くらい。多くの兄弟と暮らしていますが、1つだけ違うことがあります。

それは「足が不自由で歩けない」ということです。

ですので、移動は常に四つん這いです。

熱帯雨林の国で、いつも道は泥だらけです。

「泥の道を四つん這いで歩く」

それが彼の日常なのです。

生まれてからこの日までずっと。

この日から死ぬまでずっと、彼はそうやって生きるのです。

summa / Pixabay

私は辛いとき、彼のことを思い出して、こう思うのです。

「彼は、一秒後に俺になったら、幸せに震えるだろう」

自分よりずっと不幸な人を思い出して、自分の辛いことを乗り越えようとする・・・という行為は(頭の中のこととはいえ)道徳的にどうなのか?と思います。

ですが、理屈ではない、突きあげるような思いが湧いてきます。

「甘ったれんな。その程度で泣き言をいうんじゃねぇ」

少年にそう言われて、目が覚めるのです。

たぶん、一生のうち、彼に何度も会うのだと思います。私にとってはとても大切な存在です。

----------------------------

闘病ブログはとても参考になると思います。
にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


がん・腫瘍 ブログランキングへ

ガイドブック

----------------------------

「いったい、どうすればがんを治せるのか?」

「誰が本当のことを言っているのか?」

と悩んでいるなら。

世に出ている本を片っ端から読んだり、夜遅くまでネットで検索する必要はありません。

たった30分、60ページのガイドブック【がんを完治させるための5つのルール】を読むだけで「がんに勝つために必要なこと」が分かります。

無料でプレゼントしていますので、下のボタンからメールアドレスをご登録ください。

ダウンロードあるいは郵送でお届けします。

yajirusi2

(※セキュリティ保護された登録ページに移ります)

人気の記事

1

終わりのない厳しい治療。消えない再発の恐れ。 人生を失うかもしれない、という焦り。 熟睡できない。ふいに心臓の鼓動が速くなる。不安で手足がピリピリする。 「心が ...

2

こんにちは。本村ユウジです。 私はどこにも属さない、中立的な立場のがん治療専門アドバイザーです。 医者同士が「がんは放置しろ」「いや、病院で治療すべきだ」と批判 ...

3

このたびは、妻のがんサポートにあたり、医学・栄養学・健康学というさまざまな分野を統合した、トータルサポートをいただき感謝の念にたえません。 おそらく、単なる病院 ...

-ブログ

Copyright© 本村ユウジ公式サイト・ブログ , 2018 All Rights Reserved.